コラム

column

早漏防止用スプレー:リドスプレー

リドスプレーは、局所麻酔成分リドカインを含んだ早漏防止用スプレーです。リドカインは世界で最も広く利用されており、尿道カテーテルを挿入する際にも使用され、安全性は確立されています。早漏防止用スプレーは各種ありますが、ドイツ製のリドスプレーが最も安全で人気があります。しかし、通販サイトで手に入るリドスプレーは偽物も多いため、医療機関でお求めになるのが安心です。

リドスプレーの効果・効能

感度を落として挿入時間延長

リドスプレーを噴射した局部は、皮膚感覚が麻痺してくるため感度が落ちますが、その分挿入時間を延長させます。そのため、早漏の中でも包茎などの器質性の早漏に特に効果があります。なぜ包茎の方が早漏になりやすいのかと言うと、普段皮を被っている部分が非常に敏感になっているため、少しの刺激でも感じやすいため早漏になってしまうからです。心因性の早漏の場合は、不安や緊張でノルアドレナリンの分泌が活発になってしまうことが原因なので、内服薬のダポキセチン(プリリジー)で治療するのがおすすめです。

リドスプレーの使用方法

陰茎に直接スプレー

性行為の20分前に陰茎に直接スプレーを噴射します。20分経ち、感覚が麻痺したのを確認したらしっかりと洗い流します。洗い流さない場合にはコンドームを装着しましょう。そうしないと挿入時にパートナーにもリドカインが吸収されてしまい、パートナーの感度も落ちてしまいます。効果は2時間程度持続しますのでゆとりをもってご使用いただけます。1本で約10~15回お使いいただけます。

リドスプレーと麻酔成分入り早漏用コンドームの比較

リドスプレーが使いやすい理由

麻酔成分を用いる早漏防止アイテムに、局所麻酔成分「ベンゾカイン」が塗ってある早漏用コンドームがあります。性行為前の15分間は装着すると感度が落ち、挿入時間が延長されます。コンドームであるため、性行為時も装着しなければならないのですが、ベンゾカインは舐めると口腔内に痺れを感じ、頭痛を覚える場合もあるため、パートナーからオーラルセックスをしてもらうことができません。また、パートナーの感度も落ちてしまいます。一方、リドスプレーはしっかりと洗い流せば、オーラルセックスも可能ですし、パートナーの感度も落ちませんので、使いやすいと人気です。

リドスプレーの副作用

麻痺による中折れにはED治療薬を

リドカインはまれに中毒症状が見られますので、医療機関で医師の診察のもとお求め下さい。主な副作用は、頭痛、動悸、痙攣、吐き気、眠気、下痢、感覚異常、中折れです。中折れは、皮膚感覚が麻痺して感度が落ちることが原因ですので、ED治療薬を併用することがおすすめです。

リドスプレーの禁忌・使用できない方・併用禁忌薬

以下に注意してください

リドスプレーは陰嚢など、陰茎以外に使用しないでください。陰茎に炎症を起こしている場合は使用しないでください。併用禁止薬はサルファ剤、クラスⅢ不整脈薬、アミド型局所麻酔薬です。

ダポキセチンとの併用がおすすめ!

ダポキセチンは早漏治療の第一選択薬

リドスプレーは即効性があり、使い勝手がいいため、一時的な早漏防止には適しています。しかし、早漏症の治療にはなりません。早漏治療の第一選択薬はダポキセチン(プリリジー)です。ダポキセチンはSSRI(選択的セロトニン選択阻害薬)にあたります。約75%の方で効果があり、3~4倍の挿入時間の延長が見られます。また、継続服用することで、挿入時間がだんだんと延びていくため、早漏症の改善が期待できます。早漏治療にお悩みでしたら、第一選択薬のダポキセチンがおすすめです。

ED治療・早漏治療はユナイテッドクリニックにお任せください。

ED治療早漏治療はユナイテッドクリニックにお任せください。ED治療薬のバイアグラレビトラシアリスバイアグラジェネリックシルデナフィル)、早漏治療薬のダポキセチンプリリジーリドスプレーはユナイテッドクリニック各院同価格で地域最安値で処方を行っております。関東、中部、近畿、九州、各地方にユナイテットクリニックはありますので、お近くの方はもちろん、旅先や出張などでお越しの際もご利用頂けます。また、EDの根本治療の為に必要な亜鉛ビタミンBマカDHEAも取り扱いがございます。こちらも併せることで治療に有効です。

診察料は頂いておりません。プライバシーも配慮を欠かしません。

ユナイテッドクリニックでは初診料・再診料は頂いておりません。お薬代のみの請求なので、格安かつ最安値で処方を目指しております。また、全てのは院は駅近の好立地なので、人目につかずにご来院頂けます。医師・受付スタッフ全て男性で構成されていますので安心してご利用頂けます。

ユナイテッドクリニック各院のご紹介

池袋駅前院   クリニック紹介 アクセス
新宿西口院   クリニック紹介 アクセス
新宿南口院   クリニック紹介 アクセス
渋谷駅前院   クリニック紹介 アクセス
上野駅前院   クリニック紹介 アクセス
新橋駅前院   クリニック紹介 アクセス
横浜駅前院   クリニック紹介 アクセス
大宮駅前院   クリニック紹介 アクセス
名古屋駅前院  クリニック紹介 アクセス
大阪梅田院   クリニック紹介 アクセス
大阪なんば院  クリニック紹介 アクセス
京都四条烏丸院 クリニック紹介 アクセス
福岡博多院   クリニック紹介 アクセス
神戸三宮院   クリニック紹介 アクセス

記事監修

2003年
帝京大学医学部卒業
2003年
帝京大学医学部付属病院
2007年
帝京大学ちば総合医療センター
2010年
山王病院(千葉市稲毛区)
2013年
池袋ユナイテッドクリニック開設、院長就任
2016年
医療法人社団康英会設立、理事長就任
現在
ユナイテッドクリニックグループ全14院の総院長を務める
はじめての方へ/診療の流れ
トップへ