シルデナフィルパワーピル

シルデナフィルパワーピルの効果

シルデナフィルパワーピルは、センチュリオン社が製造するED治療薬であるバイアグラと同様の成分を含むED改善薬のジェネリック医薬品です。

主成分である「シルデナフィル」には、勃起を持続させるのに必要な、血流改善効果が認められています。経口服用することによって、シルデナフィルが海綿体平滑筋の緊張を緩和。陰茎海綿体の動脈の血流を促進し、ED治療効果を発揮します。

性行為の30分~1時間ほど前の服用で、平均して4時間程度のED改善が期待できます。服用によって精力が得られるわけではないので、性的刺激が必要となる点にご注意ください。

シルデナフィルを含むED治療薬は、もともと狭心症治療薬の副産物としてED改善効果が認められたお薬であり、日本では1999年より処方薬として認証されました。バイアグラの他にも現在日本で認められているED改善薬は3種類あります。バイアグラが一番長く愛用されているお薬であることから、比較的安全性は高いとされています。シルデナフィルパワーピルはバイアグラジェネリックですので、ED改善薬のなかでも特に人気のお薬です。

※ユナイテッドクリニックではシルデナフィルパワーピルは取り扱っておりませんが、バイアグラジェネリックを安価で処方をしております。

信頼のバイアグラジェネリック

有効成分シルデナフィルは、食事との相性こそ悪く空腹時の服用を推奨されていますが、アルコールの同時摂取については医学的に問題ないとされています。シルデナフィルにアルコールとの相互作用はないため、飲酒後の服用が予想外の悪影響を及ぼす可能性は低いでしょう。むしろ、少量の飲酒であれば精神のリラックスにつながりよう効果をもたらすという説もあります。

シルデナフィルパワーピルはバイアグラのジェネリック品であるため、ED改善薬のなかでも比較的安全なお薬だといえます。しかし、間違った使用法による死亡事故も起きているため、必ず注意事項を守るようにしましょう。また、硝酸塩系薬剤との併用によって重篤な副作用が起こることも報告されています。服用前には禁忌事項を確認し、正しく使用しましょう。

ED治療薬の主成分であるシルデナフィルの十分な効果を得るには、食後数時間経過した後、空腹時の服用が重要です。また、EDの原因は年齢的なもの以外にも精神的な原因も考えられます。リラックスした毎日を送るなど、生活習慣から改善を行うことも大事です。

シルデナフィルパワーピルの飲み方・服用方法

性行為の約1時間ほど前に服用してください。多めの水でお飲みいただき、アルコールとの併用は控えてください。1日の最大服用量は1錠までとなっておりますので、1日に2錠を服用することはできません。2錠目の服用は必ず24時間空けた後に服用してください。

シルデナフィルパワーピルの効果時間

持続時間は約3~6時間です。

シルデナフィルパワーピルの副作用

副作用として顔の火照り、頭痛などが一般的ですが、それ以外の副作用はどれも程度は軽いものばかりなので安心して服用ができるものとなっています。

飲み合わせ注意!併用禁忌薬

一部の不整脈の薬、アンカロンなど。一部の肺高血圧症の薬やアデムパス(リオシグアト)など。

シルデナフィルパワーピルの禁忌・服用できない方

高齢者や心臓病、高血圧の方、糖尿病の方の服用は禁止されておりますので注意してください。血圧に影響を与えますので、虚血性心疾患をお持ちの方で硝酸剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)を服用している方は服用できません。一緒に服用することで血圧が急激に下がることが報告されており危険です。また、海外では死亡例を含む心筋梗塞などの重篤な心血管系等の有害事象が報告されています。心臓系の疾患をお持ちの方は服用を控えてください。

シルデナフィルパワーピルの通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行などでシルデナフィルパワーピルを購入する方もおられると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいです。医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めしております。

ED治療が初めての方の場合、ご自身の程度やご自身にあった治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のEDの程度よりも少ない用量を服用して「効果がなかった」「効かない」では、せっかく服用した意味がありませんので、ご注意が必要です。

実は用量ではなく、服用方法に問題がある場合もあるため、ご自身の判断のみで決めずに、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。当院ではあなたのライフスタイルに合ったED治療薬を適切な用量で処方いたします。また、服薬指導なども丁寧に行っておりますので、ぜひ安心してご来院してください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ