アバフォース

アバフォースの効果

アバフォースは2012年に登場した新しいED治療薬「ステンドラ」のジェネリック薬です。 2012年にアメリカのFDAで承認されて以来、世界の40カ国以上で承認されています。 バイアグラやレビトラなどと同じPDE5阻害剤の系統ですが、3大ED薬の中ではレビトラに近いとされております。

アバフォースは、新世代のED治療薬 ステンドラと同じアバナフィルが成分の医薬品です。 有効成分のアバナフィルは、2012年にアメリカFDAにて承認されたED治療薬で、これまでのED薬にくらべ即効性が高く、食事の影響も受けにくい特徴があります。 今までのED治療薬に比べて、より即効性が高く、早い人では15分以内に勃起が現れると言われています。 また食事の影響を受けないため食事と一緒に内服することも可能ですので、服用のタイミングも容易になり、持続時間も6~8時間といわれていますので非常に使いやすいED治療薬となっています。 これらのことからレビトラ以上の即効性と、シアリスのように食事の影響を受けないという特徴をあわせた理想的なED治療薬といえるでしょう。

※ユナイテッドクリニックではアバフォースの取り扱っておりませんが、同じ即効性のバイアグラジェネリックを安価で処方をしております。

第4のED薬ステンドラのジェネリック

ステンドラの一般名はアバナフィル、アメリカの製薬会社である、ヴィヴス社より2012年に発売されました。 日本国内ではまだ承認されていない、最新のED治療薬になります。 アバフォースの薬剤成分であるアバナフィルは、ホスホジエステラーゼ5阻害薬というグループの薬剤です。 このグループの薬剤は、陰茎海綿体に多く存在感するcGMPの分解を妨げ その濃度を上昇させることで、陰茎海綿体を弛緩させ効果を発揮します。 ホスホジエステラーゼ5阻害薬にはアバナフィルの他、バイアグラ(シルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)、レビトラ(バルデナフィル)などの薬剤がありますが、 アバナフィルはすでに国内で処方されている、これら3つの薬剤と同じような作用の仕組みを持ち併せております。

ホスホジエステラーゼ5阻害薬のグループの中では、服用から作用の発現までが30分程度と短いことが特徴です。

アバフォースの飲み方・服用方法

1日1回、行為の15分から30分前に服用します。アバフォースを含む、ホスホジエステラーゼ5阻害薬は、食事後の服用では薬剤の吸収が減弱する恐れがあります。空腹時の使用が推奨されています。

アバフォースの効果時間

効果は約6~8時間持続します。

アバフォースの副作用

ほてり、目の充血、頭痛、紅潮などが挙げられます。アバフォースの作用は、血管を拡張し血流量を増加させるものであるため、副作用は血流量増加に伴うものです。いずれも一過性のものであるため、時間の経過と共に症状は改善してきます。また、ある程度服用することで副作用に慣れてくるため、それほど気にならなくなります。アバフォースの副作用の発現頻度は、他のED治療薬よりも低く10%程度と言われています。副作用の発現に貸しては個人差があるため、そのときの体調によっても異なってきます。もし、普段認められる副作用とは違う副作用が出てきた場合は、しばらく安静にして様子を見ていただき、もし症状が継続するようであれば医師に相談してください。

飲み合わせ注意!併用禁止薬

血圧が下がり過ぎる場合があるのでニトログリセリンなどの硝酸薬の併用が禁じられています。その他の併用禁忌薬はリトナビル(ノービル)、インジナビル(クリキシバン)、サキナビル(インビラーゼ)、アタザナビル(レイアタッツ)、ケトコナゾール・イトラコナゾールなどの経口真菌薬、HIVプロテアーゼ阻害剤。また、クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシンなどの抗生物質やアルファ遮断薬、高血圧を治療する薬、他のED治療薬などが併用禁忌薬として記載されています。

アバフォースを服用してはいけない方

不整脈、狭心症または心不全などの持病がある方。過去6ヶ月以内に心臓手術を受けた方。低血圧、又は治療による管理のされていない高血圧の方。変形ペニス形状を有する方。鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫、白血病など血液細胞に問題がある方。網膜色素変性症の方。肝機能障害のある方。腎機能障害、または腎臓透析を行っている方。

アバフォースの通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行等でアバフォースを購入する方もいらっしゃると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいです。また医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めしております。

ED治療が初めての方の場合、ご自身の程度やご自身にあった治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のEDの程度よりも少ない用量を服用して「効果がなかった」「効かない」ではせっかく服用した意味がありませんので、注意が必要です。

実は用量ではなく、服用方法に問題があった場合もございますので、ご自身の判断だけで決めずに、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。当院ではあなたのライフスタイルに合ったED治療薬を適切な用量で処方いたします。なお、服薬指導なども丁寧に行っておりますので、ぜひ安心してご来院ください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ