ベガマックス

ベガマックスとは

ベガマックスはマクレオーズ社で製造されているバイアグラのジェネリック医薬品です。 ベガマックスは勃起不全(ED)治療薬です。有効成分のシルデナフィルを含有しています。バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルが血管を拡張、陰茎部への血液流入を促し勃起させることで、勃起不全や中折れといったED症状に効果があります.

形状はバイアグラと同じひし形で、薄い水色の錠剤です。

※ユナイテッドクリニックではベガマックスは扱ってはおりませんがバイアグラ、バイアグラジェネリックを安い価格で処方しております。

ベガマックスの効果・効能

ベガマックスに含有されている有効成分のシルデナフィルは、陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋をゆるめ、海綿体への血液の流入量を増やして、満足な性行為を行うに十分な勃起を促し、維持させます。シルデナフィルは、海綿体平滑筋を弛緩する成分であるcGMPを分解する、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を阻害します。cGMP分解酵素・PDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害することで、cGMP濃度を高め、海綿体平滑筋を弛緩させ、陰茎を勃起させます。

シルデナフィルは、糖尿病や脊髄損傷などによるEDに対しても効果が認められている薬剤です。

ベガマックスの飲み方・服用方法

性行為の1時間前に服用してください。最高血中濃度(最も効果が出ている時間)は服用後60~90分後です。ED治療薬は食事・アルコールの影響を受けやすい薬剤です。バイアグラジェネリックも食事やアルコールの影響を受けやすいED薬であることが知られています。 基本は空腹で服用して頂きたいのですが、どうしても食事する場合には、特に油分には弱いため、あっさりしたもので軽めにしてください。食後3時間空けて服用してください。

ナイザガラの効果時間

効果は約3~6時間程度持続します。

ベガマックスの副作用

ベガマックスの併用禁忌薬

硝酸剤、一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)。これらはシルデナフィルと併用すると血圧が下がりすぎる危険があります。

ベガマックスの禁忌・服用してはいけない方

これまでにシルデナフィルに対して過敏症の既往歴のある方。

心筋梗塞や脳卒中など血管系の疾患を6ヶ月以内に発症した方が服用することができません。また狭心症などでアミオダロン(アンカロン)、硝酸薬を服用、塗付している場合も使用できない場合がありますので医師にご相談ください。

ベガマックスの通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行などでベガマックスを購入する方もおられると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが基本です。医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めしております。

EDや早漏症治療が初めての方の場合、ご自身の程度やご自身にあった治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のED・早漏症の程度よりも少ない用量を服用して「効果がなかった」「意味が無い」では、せっかく服用した意味がありませんので、注意が必要となります。

実は用量ではなく、服用方法に問題がある場合もあるため、ご自身の判断のみで決めずに、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。また、当院ではあなたのライフスタイルに合ったED・早漏症治療薬を適切な用量で処方いたします。服薬指導なども丁寧に行っておりますので、ぜひ安心してご来院してください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ