ジェンヘアー

ジェンヘアー

ジェンヘアー(Genhair)はスロバキアのBest Green Labによって製造されている高濃度ミノキシジル配合の育毛剤です。 人気の高いジェンヘアー社の看板商品であり、ミノキシジル育毛剤として5%と15%濃度の製品が販売されています。高濃度15%のミノキシジルローションが、AGAや脱毛症に最適です。ミノキシジルは本来、血管拡張剤として開発された経緯があり、後に発毛効果があることが分かって以来、育毛剤の主成分として取り入れられるようになりました。

ミノキシジルには、内服タイプのタブレット(錠剤)もありますが、副作用を心配される方もおられます。しかし、ミノキシジル15%ローションは塗るタイプの育毛剤となるため、頭皮の気になる部分に塗布して使用する外用薬ですので、内服が合わないという方に最適です。一般に、内服タイプの方が効果は高いと言われていますが、大きな副作用ではないもののそうしたリスクも若干高まりますので、ミノキシジルの副作用を懸念される方には、こちらの外用タイプをお勧めいたします。

ジェンヘアーの効能・効果

日本において最も普及しているミノキシジル製品はリアップですが、ミノキシジルの濃度は5%となっています。リアップに比べると3倍の濃度を持っていることになります。

もちろん単純に効果は3倍になるという意味ではありませんが、より効果を実感できるのが早く、真剣に育毛を考えている人にはもってこいの商品と言えるでしょう。

ミノキシジルローションが、頭頂部の脱毛・ハゲ部分に働きかけ、毛髪の再生を強力に促進します。通常、2~4か月ほどで効果が表れるとされております。

ミノキシジルは、臨床データにより効果が確認されている成分であり、世界中で多くの人が利用しています。特に、頭頂部の薄毛に対して有効であり、かなり進行してしまった薄毛であっても、正常な状態に回復させたケースも報告されています。数カ月程度の使用で薄毛を改善したというケースもあるので、即効性においても優秀な内容です。また同じ育毛効果をもつフィナステリド・デュタステリドとミノキシジルは薬理作用が異なるため併用が可能で、さらなる強力な発毛効果が期待できます。フィナステリド・デュタステリド+ミノキシジルは、育毛剤における最強のコンビネーションと言われており、数多くの方がこの恩恵に浴しておられます。

また、ジェンヘアーはとてもリーズナブルでコストパフォーマンスに優れているという利点がありますので、気軽にミノキシジルを試せるというのも人気がある大きな理由と言えます。

※ユナイテッドクリニックではジェンヘアーの取り扱いはしておりませんが、5%および10%のミノキシジルローションを安い価格で取り扱っております。

ミノキシジル15 %ローション「ジェンヘアー」の成分

ミノキシジル15%ローションには、特徴的な成分が2つ含まれています。

  • ミノキシジル(配合率15%)
  • アゼライン酸(配合率5%)

それぞれの成分がどのようなメカニズムで発毛効果があるのか、下記で解説いたします。

ミノキシジル(配合率15%)

ミノキシジルには、以下2つの働きによって発毛効果が期待できます。

  • 血管拡張作用
  • 毛乳頭細胞を刺激

まず、ミノキシジルを塗布することで毛母細胞を刺激し、成長因子の分泌を促進する効果が期待できます。

そもそも毛母細胞とは髪の毛の成長や生成に関係する重要な細胞のこと。

この細胞が活性化すれば、薄毛が進行していても、新たな髪の毛が生えてくる可能性が高まります。

さらに、血管拡張作用で、頭皮の血行が改善する効果が期待できます。

というのも、ミノキシジルはもともと高血圧用の薬であるため、血管を広げて、血行をよくする働きがあります。

これにより頭皮全体に栄養が行きわたりやすくなり、健康な髪を育てる土壌を作ることができます。

アゼライン酸(配合率5%)

アゼライン酸は日本では医薬品として認められていませんが、ヨーロッパ、アメリカなど海外ではニキビ治療薬として使われている成分です。

アゼライン酸にはその他に薄毛治療に効果的な働きがあることが判明し、海外ではミノキシジル15%ローションやそれ以外の育毛剤・発毛剤にも配合されるようになりました。

なぜ薄毛治療に効果的なのかというと、その理由は「薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成/活性化を抑制する効果」が判明したためです。

AGA(男性型脱毛症)は、毛根部分にある『5αリダクターゼ』という酵素と、男性ホルモンの一種である”テストステロン”が結びつき、脱毛ホルモンと呼ばれる『DHT(ジヒドロテストステロン)』が生成・活性化することで起こります。

ここでアゼライン酸が、薄毛の発端となる5αリダクターゼがテストステロンと結びつく働きを阻害することで、抜け毛を予防することができるのです。

 

ジェンヘアーの副作用

頭皮の発疹や発赤、かゆみ・かぶれ、ふけ、頭痛や胸の痛み、むくみ、性欲減退や低血圧など、使用しているうちに上記のような症状が出た、もしくは何か気になる点が出てきたら迅速に使用を中止し、最寄りの医療機関に受診をするようお願いいたします。

ジェンヘアーの使用方法・使い方

1日2回、頭皮の気になる箇所に、付属のスプレーで約1ml塗布します。指示量以上を塗布しても、効果が上がることはございません。再生した毛髪を保つには、製品を継続して使用してください。使用を停止されますと、脱毛が再び生じる可能性があります。

ジェンヘアーの禁忌・服用してはいけない方

18歳未満の方

ミノキシジル15%ローションは成長段階にある子どもや若年者などに、どのような影響を与えるかが医学的にまだ解明されておりません。18歳未満の方は、使用しないように注意しましょう。

妊娠及び授乳中の女性

「男性しか使えない」といった禁止項目はありませんが、妊娠中や授乳中の人の使用は注意が必要です。 安全性が確立されておらず、母体や乳幼児に悪影響が出る可能性もあるため、使用は控えるようにしましょう。

心臓が弱い人、もしくは降圧剤を服用中の人

ミノキシジルは、もともと高血圧の人のための血管拡張剤として開発された薬でした。 そのため、血圧を下げる作用(降圧作用)があります。 心臓が弱い人、もしくは降圧剤を服用中の人が使用した場合、過剰な血圧の低下を招く恐れがありますので、使用しないようにしてください。

肌が弱く敏感な人

ミノキシジルが15%も配合されているという濃度の高さから、肌が慣れておらず、皮膚がかぶれてしまったなどの報告もあります。 肌が弱い・敏感肌の方は、肌トラブルを引き起こす恐れがあるので、使用を控えるようにしましょう。

ジェンヘアーの通販・個人輸入について

個人輸入代行サイトでジェンヘアー全商品が欠品となりました。製造終了のため、現在ジェンヘアーを購入できるサイトはないようです。 15%以上のミノキシジルローションで現在購入可能なのは、ポラリスNR-09・NR-10の2種類のみです。ジェンヘアー15%を使っていた方はどちらかに移行するのをお勧めします。

ポラリスの通販価格はジェンヘアーより高いのですが、フィナステリド・アゼライク酸・りんごポリフェノールなどの育毛成分が配合されています。 2017年8月にはポラリスNR-09とNR-10が販売終了となり、後継商品としてフォリックスFR15とFR16が発売されております。

通販・個人輸入代行等でロゲインジェネリックを購入する方もいらっしゃいますが、医薬品である以上、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいでしょう。また、医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めします。

AGA治療が初めての方の場合、ご自身のAGAの程度やご自身にあったAGA治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいと思います。ご自身のAGAの程度よりも少ない用量 を服用して「効果がなかった」「効かない」ではせっかく服用した意味がありません。また用量ではなく、服用方法に問題があったのかもしれません。ご自身では判断せず、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。あなたのライフスタイルに合ったAGA治療薬を適切な用量で処方いたします。また服薬指導など丁寧に行いますのでご安心ください。

はじめての方へ/診療の流れ