シラグラ

シラグラ(Cipla社製)とは

シラグラは、シプラ社が製造・販売するED治療薬として認知度が高いバイアグラのインド製ジェネリックです。シプラ社は、ジェネリック医薬品の筆頭メーカーとして、インド国内において第2位の勢いがある会社です。シラグラはバイアグラと同様にシルデナフィルクエン酸塩を有効成分としており、バイアグラと同等の効果が得られます。ジェネリック医薬品の特徴として、先発医薬品よりも価格が安いことが挙げられます。同じ効能・効果で価格が安いことから、バイアグラはジェネリック医薬品の処方が主流になっています。

※ユナイテッドクリニックではシラグラの処方は行っておりませんが、バイアグラジェネリックを多数取り揃えており、安い価格で処方しております。

シラグラの効果・効能

シラグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は速攻タイプに分類されるED治療薬です。服用後30分から1時間程度で効果が現れ、その後3~6時間程度効果が持続します。勘違いされている方も多いのですが、シラグラをはじめとするED治療薬は飲んだだけで勝手に勃起する薬剤ではありません。性的刺激や性的興奮が加わることで効果を発揮する薬剤です。また、シラグラは勃起時の補助をするための薬剤ですので、性欲増進や性的興奮作用はありません。

シラグラの飲み方・服用法

シラグラは、25㎎錠、50㎎錠、100㎎錠があり、水と一緒に服用します。錠剤なので水で服用することがおすすめですが、牛乳やアルコールでないならば、お茶などの清涼飲料水でも問題ありません。日本で承認されているシルデナフィルクエン酸の用量は50mg錠までですが、100mg錠までの服用は有効性や安全性が確認されているため、世界的には100mg錠を服用することが一般的です。服用時間は性行為の1時間前が目安です。シラグラの最大限の効果を得るためには、なるべく空腹時に服用するのが基本です。どうしても食事後に服用したい場合には脂質を控え、食事を軽くするといいでしょう。また、少量なら影響はありませんが、アルコールの摂取は神経伝達が鈍り勃起不全を増長させます。

シラグラの副作用

シラグラは、頭痛や、潮紅(皮膚が赤らむこと)、ほてりが報告されていますが、いずれも軽いものがほとんどだと言われています。特に「顔のほてり」や「目の充血」は服用した9割の方に現れる症状ですので、薬が効いてきた合図と捉えましょう。シラグラの副作用で目がチカチカすることもあります。この様な視界不良が起こった時は自動車の運転などは控えてください。しかし、日本国内で流通しているシラグラには偽物も含まれているため、これ以外の副作用が現れる場合がありますので注意が必要です。

シラグラの併用禁忌薬

塩酸アミオダロン製剤や、狭心症の治療で使用される硝酸剤と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療に使用されるアデムパス錠は、シラグラと併用することで血圧を急激に下げる可能性があるので気を付けましょう。これらに該当する方は現在服用中のお薬がわかるものを持参してください。

シラグラの禁忌・服用できない方

硝酸剤や塩酸アミオダロンを使用中の方はもちろん、低血圧、不整脈、肝障害、網膜色素変異症を患っている方は服用できません。また、最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことのある方や最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことのある方も服用できません。以前、バイアグラジェネリックを服用してアレルギー反応が出た方は服用ができません。

シラグラの通販・個人輸入について

シラグラなどの海外製ED治療薬は個人輸入や、輸入代行を謳う通販という形で手に入れることが可能です。しかし、残念ながら日本国内で流通しているシラグラは偽物や偽造品が多いというのが現状です。海外では偽造されたED治療薬の服用で死亡した例もあり、安易な服用では重大な健康被害を生じる恐れがあります。したがって、安心・安全を求めるならば医療機関で処方してもらうのがおすすめです。ユナイテッドクリニックでは、保健所認可の正規クリニックですので、粗悪品や偽造品を処方することはございません。ED治療にお悩みなら、ぜひ一度ユナイテッドクリニックにご相談ください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ