フェマレグラ

フェマレグラとは

フェマレグラ(女性用バイアグラ)100mgは男性のED治療薬として開発され、世界的に絶大な人気を誇る「バイアグラ」、このバイアグラの有効成分シルデナフィルが女性に応用できないかと開発されたのもので、バイアグラと同様に満足いく性生活を叶える効果があることから「女性用バイアグラ」と呼ばれており、ファイザー製薬のバイアグラと同成分のジェネリック医薬品です。

※ユナイテッドクリニックではフェマレグラをはじめとする女性用バイアグラの処方は行っておりませんが、男性用のバイアグラ・バイアグラジェネリックを安い価格で処方しております。

フェマレグラの効能・効果

有効成分はファイザー製バイアグラと同様の、シルデナフィルです。つまり、先発のファイザー製バイアグラと同じシルデナフィルを成分としたED治療薬であり、理論的には同等の効果が期待できます。フェマレグラの有効成分シルディナフルは血管拡張を妨げる酵素PDE5を阻害する作用があルため、PDE5阻害薬と呼ばれています。男性が服用する場合はこのPDE阻害作用によって血管を拡張し、陰茎海綿体への血流を促進することで勃起に導きます。

女性が服用する場合においては、シルデナフィルはPDE5阻害作用による血管拡張作用によってクリトリス(陰核)や膣内など女性器全体の血行を促進し血液量を増加させます。

血行が促進され血流が増加されることで、膣内の分泌液が増えて潤い濡れやすくなる・膣の潤いと血流上昇によりクリトリスなど女性器がほてって敏感になり感度が高まる・性感度の上昇により性的興奮が高まりオーガズムに到達しやすくなる・膣の潤いにより挿入による痛みが緩和されるなどといった自分自身もパートナーにとっても嬉しい様々な効果が期待できます。

さらに、まだ研究途中ではありますが、シルデナフィルの血管拡張作用と抗酸化作用によりアンチエイジング効果が期待できると言われています。

画期的な女性用バイアグラジェネリック

女性に勃起不全は起こりませんが、多くの女性が加齢やさまざまな理由で性行為の満足度の低下に悩んでいます。そこで近年登場したのがこの「女性用バイアグラ」です。女性用では一番有名なラブグラやウーメラジェネリック(シルジョイピンク)などを使用し、多くの女性が有意義な性生活を取り戻されています。

女性用バイアグラといえば「ラブグラ」という商品が世界的に有名ですが、フェマレグラはラブグラと同成分・効果の商品です。ジェネリック医薬品のため安価でお買い得です。女性用の薬なので、可愛らしいピンク色の錠剤となっております。

フェマレグラは、女性の性生活のための薬で、性感度や性的興奮を高めて濡れやすくする効果があるため、世界中の女性に人気があります。医学的に確証はまだされていませんが、近年の臨床試験では女性用バイアグラとしての効果が明らかになってきています。

フェマレグラは、オーガズムに到達しない(イケない)・性交中あまり感じない(不感症)・濡れにくく性交痛が辛い・性欲がないという方に非常にお勧めです。

フェマレグラの飲み方・服用方法

通常1回1錠、性行為の約30分〜1時間前に服用します。

フェマレグラの効果時間

約3〜6時間持続します。

フェマレグラの副作用

フェマレグラをはじめとしたシルデナフィルが成分である薬品には服用に伴い、副作用の可能性があることが知られています。主なものには、頭痛、鼻づまり、紅潮などが挙げられます。しかし個人差があり、まったく出ないという方もいるようです。副作用が出た場合は、過度な心配を避け、効果発現の合図程度に取ればいいでしょう。

飲み合わせ注意!併用禁止薬

併用すると過度の血圧降下の恐れがあるため、内服薬、舌下錠、外用薬(貼付剤)など全ての剤形においてフェマレグラとは併用禁忌になります。ニトログリセリン製剤はたくさんあり多く処方されている薬であるため、心血管系疾患で薬を使用している方は自身の薬を確認し、併用しないようにくれぐれも注意してください。

その他、不整脈治療薬の塩酸アミオダロン、肺高血圧治療薬のリオシグアトも併用禁忌です。胃薬のシメチジン、マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシンなど)、抗真菌薬のイトラコナゾール、抗結核薬のリファンピシン、抗てんかん薬、降圧薬など禁忌ではありませんがフェマレグラと飲み合わせに注意が必要な薬がたくさんあります。

何らかの疾患で服薬治療中の方はフェマレグラの服用を開始する前に必ず医師か薬剤師に相談してください。

フェマレグラを服用してはいけない方

同薬効の薬剤でアレルギー反応や重い副作用を起こしたことがある方、 重度の肝障害、網膜色素変性症、妊娠中・授乳中、未成年の方はフェマレグラを服用できません。

心臓、血管、血圧、脈に問題がある方・肝障害のある方・腎障害のある方・高齢者の方は服用を控えるのが望ましいですが、服用を希望する場合は必ず医師に相談してください。

フェマレグラの通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行などでフェマレグラを購入する方もおられると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいです。医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めしております。

フェマレグラと同等の成分を含有している薬は男性のED治療薬である「バイアグラ」ですが、男性用の医薬品であるため女性が処方してもらうのはほぼ不可能だと思われます。バイアグラはあくまで男性ご自身の性欲が高揚したときのみに効果を発現するのであって、 女性が服用したからといって、性欲が高まるわけではありません。繰り返しになりますが、催淫剤ではありませんので、 女性に服用を強要したからといって、なにか特別なことが生じるわけではありませんので注意が必要です。

ED治療が初めての方の場合、ご自身の程度やご自身にあった治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のEDの程度よりも少ない用量を服用して「効果がなかった」「効かない」では、せっかく服用した意味がありませんので、注意が必要となります」。

実は用量ではなく、服用方法に問題がある場合もあるため、ご自身の判断のみで決めずに、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。当院ではあなたのライフスタイルに合ったED症治療薬を適切な用量で処方いたします。服薬指導なども丁寧に行っておりますので、ぜひ安心してご来院してください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ