タドリス

タドリスとは

タドリスは水に溶かしてから服用する発泡錠タイプのシアリス・ジェネリック薬です。タダラフィルを有効成分とすることで、効果が緩やかに効きED治療薬の中で最長時間の効果時間を持続します。また、水に溶かして飲むことで身体に吸収されやすく、他のシアリスジェネリック薬よりも効果が発現しやすくなっています。タドリスの製造メーカーのNuvomedは、トルコの製薬会社になります。

※ユナイテッドクリニックではタドリスは取り扱っておりませんが、シアリスを安い価格で処方しております。

タドリスの効能・効果

有効成分タダラフィルの効果により、平滑筋が緩み陰茎組織に大量の血液を溜めることができます。また、この効果が得ることができる勃起は、物理的刺激や欲求・妄想等がないと引き起こりませんので、タドリスを服用したから必ず勃起するということではありません。

EDには心理的要因による「心因性」のものと、神経や血管など体に問題のある「器質性」のもの、または心因性と器質性の“混合型”のものがありますが、そのいずれにも有効とされます。シアリスジェネリック特有の、長時間の効果時間は健在であり、最長36時間も持続すると言われています。

食事の影響を受けにくいとされていますが、メーカーの推奨は空腹時となっていることから、決して影響を受けないという解釈をしてはいけません。効果を最大限実感したい場合には、空腹時の服用を心がけましょう。

タドリスは水に溶かして飲むED治療薬

タドリスは、一般的な錠剤タイプのED治療薬と違い、一度水に溶かし液体にしてから経口服用する発泡錠タイプです。シアリスと同じ有効成分を使用していますので、シアリスのジェネリック薬でもあります。

タドリスは発泡錠タイプであるため、錠剤タイプである他のシアリスジェネリック薬よりも効果の発現が早い可能性があります。その理由は、服用の時の有効成分の形状に少し違いがあるからです。発泡錠の場合、先に水に溶かし液体に変えるため、身体に一番吸収されやすい状態で服用することができます。

錠剤の場合は、服用した後、身体の中で錠剤が溶け出し、液体になることで吸収が開始されますが、発泡錠タイプは、服用する前に先に「液体にする(体に吸収されやすい状態にする)」ことで服用して「体の中で溶けるまでの時間を省略する」ことができるため、有効成分が同じであっても早く効果を発現することができます。

他のシアリスジェネリック薬より効果の発現が早くなったものの、EDを治療する効果に変わりはありません。

タドリスの飲み方・服用方法

タドリスは水(150ml)に溶解し、服用します。 発泡錠タイプになりますので、水で溶かさずに、そのままかみ砕いたり、飲み込んではいけません。1日1回、20mgを性行為の約1時間前に経口服用してください。

タドリスの効果時間

服用してから最大で36時間の効果が得られます。

タドリスの副作用

最も一般的に報告されている症状は、頭痛や消化不良です。 その他には、背中の痛み、筋肉痛、鼻閉塞、めまいなどになります。 アレルギー反応や視界がぼやけたり、4時間以上痛みが伴う勃起が続くなどの症状が起きた場合には、タドリスの服用を中止し、かかりつけの医師の相談のもと、指示に従ってください。

タドリスの併用禁忌薬

硝酸剤やα遮断薬、酵素中和薬(CYP3A4)との併用は禁止となります。

また、アルコールとの同時摂取は避けるようにして下さい。グレープフルーツは柑橘類系、またこれらが含まれるジュースとの併用にも注意が必要です。

タドリスの禁忌・服用してはいけない方

医師により性行為を禁止されている方や、過去90日以内に心筋梗塞のあった方、過去6ヶ月以内に心不全のあった方、不整脈や低血圧、高血圧症の方などはご使用いただけません。

重度の心臓病・心臓発作がある方、血圧が低過ぎる方なども服用してはいけません。

タドリスの通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行などでタドリスを購入する方もおられると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいです。医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めしております。

ED治療が初めての方の場合、ご自身の程度やご自身にあった治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のEDの程度よりも少ない用量を服用して「効果がなかった」「効かない」では、せっかく服用した意味がありませんので、注意が必要です。

実は用量ではなく、服用方法に問題がある場合もあるため、ご自身の判断のみで決めずに、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。当院ではあなたのライフスタイルに合ったED症治療薬を適切な用量で処方いたします。また、服薬指導なども丁寧に行っておりますので、ぜひ安心してご来院してください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ