アスランス

アスランスとは

アスランスは、インドのシプラ社が製造・販売するバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラはED治療薬の中でも高い認知度と根強い人気があります。シプラ社は、ジェネリック医薬品の筆頭メーカーとして、インド国内において第2位の実績を持つ信頼のおける会社です。アスランスはバイアグラに含まれているシルデナフィルクエン酸塩が有効成分なので、バイアグラと同等の効果が期待できます。ジェネリック医薬品のためバイアグラより廉価に購入できるという大きなメリットがあります。近年、世界だけでなく日本でもバイアグラのジェネリック医薬品の処方は一般的になってきました。こうしたジェネリック医薬品の普及は、ED治療を身近に感じさせてくれる事にかなり貢献をしてくれています。

※ユナイテッドクリニックではアスランスを扱っておりませんが、バイアグラジェネリックを安い価格で処方をしております。

アスランスの効果・効能

アスランスの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は、ED治療薬の中でも即効タイプに分類されます。服用後30分から1時間程度で効果が現れ、その後3~6時間程度の作用時間があります。そのため、性行為のタイミングに合わせて服用しやすく、バイアグラのジェネリック医薬品には根強い人気があります。勘違いされている方も多いのですが、アスランスをはじめとするED治療薬は飲んだだけで勝手に勃起する薬剤ではありません。性的刺激や性的興奮により引き起こされた勃起のサポートをするお薬です。しかし、勃起をしやすくしてくれる作用があるので、風俗情報誌やグラビア写真には注意してください。

アスランスの飲み方・服用法

アスランスは20㎎錠を1日1錠水と一緒に服用し、服用感覚は24時間空けます。早く効き目を感じたいがために噛み砕いて飲んだとしても、服用方法の違いで効果発現が早くなることはないのでやめましょう。なるべくなら水で服用することがおすすめですが、牛乳やアルコールでないならば、お茶などの清涼飲料水でも問題ありません。服用時間は性行為の1時間前が目安です。また、空腹時に服用するとアスランスの最大限の効果を得ることができるのでおすすめですが、どうしても食事後に服用したい場合には脂質を控え、食事を軽めにとるといいでしょう。また、少量なら影響はありませんが、アルコールの摂取は思い通りの効果を得にくくする可能性がありますので飲みすぎはおすすめできません。

アスランスの副作用

アスランスは、頭痛や、潮紅(皮膚が赤らむこと)、ほてりが副作用として報告されていますが、いずれも軽いものなので心配するほどではありません。まれに頭痛がひどい場合には頭痛薬も併用可能です。特に「顔のほてり」や「目の充血」は服用した9割近くの方に現れると言われており、薬が効いている証拠と考えられています。初めて服用される方は特に、副作用面の不安から飲むことに抵抗があるかもしれません。しかし、いずれの副作用も通常はアルコールを飲んだ時と同じような状態になる程度の軽微なものですので、過度に心配する必要はありません。ただし、日本国内で流通しているアスランスには偽物や粗悪品も多いため、これ以外の副作用が現れる場合があり、注意が必要です。

アスランスの併用禁忌薬

塩酸アミオダロン製剤や、狭心症の治療で使用される硝酸剤と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療に使用されるアデムパス錠は、アスランスと併用することで血圧を急激に下げ、貧血による転倒などの可能性があるので服用しないようにしましょう。受診の際には、お薬手帳など薬の使用歴がわかるものを持参してください。

アスランスの禁忌・服用できない方

硝酸剤や塩酸アミオダロンを使用中の方はもちろん、低血圧、不整脈、肝障害、網膜色素変異症を患っている方は服用できません。また、最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことのある方や最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしたことのある方も服用できません。

アスランスの通販・個人輸入について

アスランスなどの海外製ED治療薬は、個人輸入や輸入代行を謳う通販という形で手に入れることが可能です。ただし、個人輸入は合法ですが通販サイトは違法な場合が多く、危険です。現に、日本国内で流通しているアスランスは、そうした違法な業者が多くいるために6割近くが偽物や偽造品となっています。海外では偽造されたED治療薬の服用で死亡した例もあり、医師の指示を伴わない服用で重大な健康被害を生じる恐れがあります。したがって、安心・安全を求めるならば医療機関で処方してもらいましょう。ユナイテッドクリニックでは、保健所認可の正規クリニックですので、偽物や偽造品を処方することはございません。ED治療にお悩みなら、ぜひ一度ユナイテッドクリニックにご相談ください。医師、受付共に男性のみですので安心してお越しください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ