プロスカルピン

プロスカルピンの効果

育毛に効果を発揮するプロペシアと同じ有効成分フィナステリドを含むジェネリックの育毛剤です。AGAの原因である男性ホルモンの働きを抑制し、抜け毛の進行を抑止するとともに、健やかな髪の毛の育成を助けます。1日1㎎の服用で、約9割の男性に効果が見られ、抜け毛の停止や薄毛部分からの発毛が認められました。発がん性が噂された成分を除いた安心処方で、薄毛、抜け毛の抑制に役立てていただける育毛剤になります。

脱け毛の原因に直接効く飲む育毛剤

抜け毛の原因となる男性ホルモンの活性に関わる酵素、5αリクターゼを阻害する有効成分フィナステリドを含む育毛剤です。飲む育毛剤として、頭部の抜け毛を防ぎ、育毛を促進します。また、前立腺肥大症の改善薬としても用いられており、男性ホルモンをコントロールするうえで高い効果を発揮します。

プロスカルピンの飲み方・服用方法

通常、男性成人にはフィナステリドとして1日1回0.2mgを服用してください。必要に応じて1mg/日を上限に増減可能です。

上記、1日1回0.2mgでの服用開始は日本で承認されているフィナステリドの用法であり、海外では一般的に治療初期から1回1mgの服用が推奨されています。多くの国内AGA治療クリニックでも海外の用法用量が推奨されています1mg/日を服用する際は症状を確認しながら注意して服用してください。

食事の影響を受けないので、食前、食後いつでも服用できます。飲み忘れを防ぐためには毎日決まった時間帯に服用する習慣をつけることがおススメです高齢者の方も問題なく服用でき、高齢者と非高齢者を比較した臨床試験では、副作用の発現率に明らかな差は認められませんでした。しかし、一般に高齢者の方は生理機能が低下していることが多いので、注意してください。

プロスカルピンの副作用

軽度の副作用が報告されていますが、ほとんどの方は安全にフィナステリドを服用することができます。日本で行われたフィナステリドの臨床試験では、4.0%(276例中11例)の方に副作用が報告されました(試験期間1年)。

主な副作用として、リビドー減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)などです。市販後の使用成績調査ではより副作用が起こる頻度は低く、リビドー減退は0.2%、勃起機能不全は1%未満と報告されています。

起こることは稀ですが、全身倦怠感等の肝機能障害があらわれることもあります。服用してなにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

プロスカルピンの禁忌・服用してはいけない方

含有する成分に対し過敏症を起こしたことがある方。妊婦または妊娠している可能性のある婦人および授乳中の婦人は決して触れることのないように気をつけてください。体内に吸収されると胎児の外性器の成長に障害を与える恐れがあります。未成年の服用もできません。

プロスカルピンの通販・個人輸入は危険

口コミの評判等で通販・個人輸入代行等でプロスカルピンを購入する方もいらっしゃいますが、医薬品である以上、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいでしょう。また医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めします。

AGA治療が初めての方の場合は特に、ご自身のAGAの程度やご自身にあったAGA治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいと思います。ご自身のAGAの程度よりも少ない用量 を服用して「効果がなかった」「効かない」ではせっかく服用した意味がありませんので注意が必要です。

また、用量ではなく、服用方法に問題があったのかもしれません。ご自身の判断だけで決めず、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。あなたのライフスタイルに合ったAGA治療薬を適切な用量で処方いたします。当院では服薬指導なども丁寧に行いますのでご安心ください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ