ロゲインジェネリック

ロゲインジェネリック(ミノキシジル外用液5%)

AGA治療を行っている、当ユナイテッドクリニックではプロペシア・プロペシアジェネリック(フィナステリド)やザガーロ・アボルブ(デュタステリド)、内服のミノキシジルタブレット(ミノタブ)や外用のミノキシジルローション、また患者様に合わせ各種薬剤を組み合わせた当院オリジナルのカクテル療法であるAGAメディカルドクターズセレクトといった各種治療薬を取り揃えています。

本稿では国内でもおなじみのミノキシジル外用薄毛治療薬である「リアップ」の元になったともいえる「ロゲイン」のジェネリック医薬品について説明いたします。

ロゲインジェネリックの効能・効果

ロゲイン(Rogaine)とは発毛効果のあるミノキシジル(Minoxidil)を有効成分とする、外用のAGA治療薬です。元々ミノキシジルは1960年代にアメリカのアップジョン社(現在のファイザー社)が創製し、降圧作用作用から高血圧症の経口の治療薬として使用されていましたが、その後に服用患者の脱毛症の改善、並びに強い発毛効果が発見されたことによりAGA治療薬としての研究も始まりました。

80年代には同アップジョン社より2%のミノキシジルを含む薄毛治療薬として「ロゲイン」の商品名で販売が開始されました。現在ではローションタイプ(液状)とフォームタイプ(泡状)のものがあります。 ミノキシジルは現在、日本皮膚科学会が提示しているAGAガイドラインの中でも治療に高い有効性があるとされており、このロゲインは今日様々なメーカーが販売しているAGA治療薬としてのミノキシジル製剤の元祖といえるでしょう。

ロゲインは1980年代から今日まで販売されている事からAGAに対する高い有効性・安全性も保障されています。また現在では多くの製薬会社からロゲインジェネリックも販売されており世界中で使用されています。

リアップは日本版ロゲインジェネリック

恐らく、現在国内で最も知名度のあるミノキシジルを有効成分としたAGA治療薬は大正製薬株式会社が販売するリアップだと思われます。

リアップは1999年から国内で販売されている1%のミノキシジルを含む薄毛治療薬です。また、現在ではミノキシジルを5%含むリアップX5など、豊富なラインナップがあります。ロゲインとリアップ、どちらもミノキシジル外用薬ということから「リアップはロゲインジェネリック」という認識の方もいらっしゃいますが、厳密には違います。

元祖ミノキシジル外用薬であるロゲインは90年代に開発元のファイザー社からジョンソンエンドジョンソン社に販売権利ライセンスが移行されました。そしてロゲインの日本での販売権利ライセンスを購入したのが大正製薬株式会社であり、リアップが誕生しました。

つまり、リアップはロゲインジェネリックというよりはロゲインの国内販売版といった位置づけの商品となります。

 

様々なロゲインジェネリック

そもそもジェネリック医薬品とは「開発したメーカーが保有する成分や製法の特許が失効する事により他メーカーが製造販売出来るようになった成分・効能が全く同一の医薬品」を指します。 ロゲインは登場から年月が経っていることから、現在では多くの製薬会社からジェネリック医薬品が販売されています。

ここではいくつかご紹介します。

カークランド

カークランドはアメリカ発祥の大手販売店「コストコ」が販売するロゲインジェネリックです。 育毛成分「ミノキシジル」を主成分とした育毛促進の医療効果が認められた革命的外用発毛医薬品であるロゲインのジェネリック医薬品であります。

そもそも「カークランド」とはコストコが展開するPB(プライベートブランド)名で、食料から家電といった多くのものがあります。ロゲインの正式なジェネリック医薬品であるため、世界中で最も知られるミノキシジル育毛剤と言われ、価格も非常に安いことから日本国内でも非常に有名なミノキシジル育毛剤として君臨しております。カークランドはロゲインと成分構成がまったく同じであるジェネリック外用ミノキシジル医薬品なのです。

一般的に医薬品には有効成分の開発内容に特許権が発動され、開発製薬会社にしか製造や販売がおこなえません。医薬品特許の有効期間は20年とされており、1980年台半ばに販売が開始されたロゲインの特許期間は既に終了していることから、正式にファイザー社が薬品組成を公開しジェネリック医薬品の販売が認められて販売されています。このカークランド・ロゲインジェネリックは5%のミノキシジルを含む、ローションタイプのみとなります。また薬事法などの事情により、日本国内のコストコでは購入することができません。

ポラリス

ポラリスはポラリス社が製造・販売するロゲインジェネリックで、ミノキシジルの他にも独自研究により発毛に必要な栄養・アミノ酸等を配合した商品です。 ミノキシジル濃度や各栄養を変更した幅広いシリーズがあり、人気があります。

  • ポラリスNR-07
    ミノキシジル5%+アゼライン酸2%
  • ポラリスNR-08
    ミノキシジル7%+アゼライン酸5%
  • ポラリスNR-09
    ミノキシジル15%+各種アミノ酸
  • ポラリスNR-10
    ミノキシジル16%+フィナステリド0.1%(クリームタイプ)
  • ポラリスNR-11
    ミノキシジル12%+フィナステリド0.1%

ツゲイン

ツゲインはインドのシプラ社が製造・販売しているロゲインジェネリックで、ミノキシジル濃度2%、5%、10%の3用量があります。

※これらのロゲインジェネリックはあくまで現在販売されている物の一部であり、実際にはもっと多くのものが存在します。

ロゲインジェネリックの使い方・使用方法

薄毛が気になる箇所に1日2回直接塗布してください。1~2か月では効果がでませんので最低半年以上は使用を継続するようにしましょう。

ロゲインジェネリックの副作用

一番出やすいのは頭皮の炎症、かゆみです。これらの症状がひどく出る場合は使用を中止してください。外用薬が合わない方は内服薬であるミノキシジルタブレットの使用を検討してみてもいいでしょう。

ロゲインジェネリックの通販・個人輸入

国内で流通する唯一のミノキシジル外用薬であるリアップと同一の効果ながら価格が抑えられたロゲインジェネリックですが、これらは市販されておらず、また取り扱いのある医療機関も限られてきます。 通販・個人輸入代行等でロゲインジェネリックを購入する方もいらっしゃいますが、医薬品である以上、医師の診察を受け処方して貰うのが好ましいでしょう。また医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めします。ロゲインジェネリックの処方・購入は医薬品の正規流通路を持つ医療機関で行う事をお勧めします。

ロゲインジェネリックの購入は医療機関で

薄毛治療・AGA治療が初めての方の場合、ご自身の薄毛・AGAの程度やご自身にあったAGA治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいと思います。ご自身のAGAの程度よりも少ない用量 を服用して「効果がなかった」「効かない」ではせっかく服用した意味がありません。また用量ではなく、服用方法に問題があったのかもしれません。ご自身では判断せず、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。あなたのライフスタイルに合ったAGA治療薬を適切な用量で処方いたします。また服薬指導など丁寧に行いますのでご安心ください。

ユナイテッドクリニック各院では薄毛治療・AGA治療のご相談・処方をしております。薄毛治療・AGA治療薬のプロペシア処方、プロペシアジェネリック処方(フィナステリド「ファイザー」「クラシエ」「サワイ」「トーワ」)、ザガーロ処方、アボルブ処方(デュタステリド)、ミノキシジル処方(ミノキシジルタブレット処方、ロゲイン、ミノキシジルローション処方)や2%ケトコナゾールシャンプー、アロビックスの処方をしております。また強力な発毛・育毛効果のカクテル療法「AGAメディカルドクターズセレクト」の処方もしており、様々な薄毛治療(AGA治療)を行うことが可能です。ユナイテッドクリニックでは地域最安値を目指しております。思い悩む前にお気軽にご来院ください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ