ハードオン

ハードオンとは

ハードオンは、アウロケム社が製造・販売するED治療薬として認知度が高いバイアグラのインド製ジェネリックです。アウロケム社は、急速に成長している会社で、国際基準に準拠して製薬を行う信頼のおけるメーカーです。ハードオンはバイアグラと同様にシルデナフィルクエン酸塩を有効成分としているため、バイアグラと同等の効果が得られます。メリットとしては、バイアグラよりも安価で、かつ同等の効果が期待できるということが挙げられます。世界的に見てもバイアグラのジェネリック医薬品の処方はメジャーになっており、ジェネリック医薬品の普及により、ED治療がより身近なものになったと言えるでしょう。

※ユナイテッドクリニックではハードオンは扱っておりませんが、バイアグラジェネリックを安い価格で処方をしております。

ハードオンの効果・効能

ハードオンの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は速効タイプに分類されるED治療薬です。服用後30分から1時間程度で効果が現れ、その後3~6時間程度効果が持続します。そのため、性行為のタイミングに合わせて服用しやすいので、バイアグラのジェネリック医薬品には根強い人気があります。ハードオンをはじめとするED治療薬は飲んだだけで勝手に勃起する効果はありません。性的刺激や性的興奮が加わることで効果を発揮する薬剤です。また、ハードオンは勃起時の補助をするための薬剤ですので、性欲増進や性的興奮作用はありません。安心して服用ができます。

ハードオンの飲み方・服用法

ハードオンは100㎎錠を1日1錠、水と一緒に服用します。早く効き目を感じたいがために砕いて粉末にして飲む人がいるかもしれませんが、服用方法の違いで効果発現が早くなることはないのでやめましょう。原則として水で服用することがおすすめですが、牛乳やアルコールでないならば、お茶などの清涼飲料水でも問題ありません。国内の承認されているシルデナフィルクエン酸の用量は50mg錠までですが、100mg錠までの服用は有効性や安全性が確認されているため、世界的には100mg錠を服用することが一般的です。服用時間は性行為の1時間前が目安となります。ご存知の方も多いとは思いますが、空腹時に服用するとハードオンの最大限の効果を得ることができます。ハードオンは食事の影響を受けやすいので、食後2時間ほど時間をおいてください。お酒は少量なら影響はありませんが、アルコールの摂取は勃起をしにくくする可能性がありますので過剰摂取は控えてください。

ハードオンの副作用

ハードオンの主成分のシルデナフィルクエン酸は、頭痛や、潮紅、火照りが報告されていますが、いずれも程度は軽いものがほとんどです。特に「顔の火照り」や「目の充血」は服用した9割の方に現れる症状ですので、薬が効いてきている証とも言えます。初めて服用される方にとって、どうしても不安があるとは思いますが、いずれの副作用も通常は軽微で安全性の高い医薬品です。しかし、日本国内で流通しているハードオンには偽物も多いため、これ以外の副作用が現れる場合があります。

ハードオンの禁忌薬

塩酸アミオダロン製剤や、狭心症の治療で使用される硝酸剤と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療に使用されるアデムパス錠は、ハードオンと併用することで血圧を急激に下げる可能性があるので注意してください。

ハードオンの禁忌・服用できない方

硝酸剤や塩酸アミオダロンを使用中の方はもちろん、低血圧、不整脈、肝障害、網膜色素変異症を患っている方は服用できません。また、最近6ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことのある方や脳梗塞・脳出血を起こしたことのある方も服用できません。

ハードオンの通販・個人輸入について

ハードオンは錠剤(タブレット)の他にもゼリー状のハードオンゼリーや早漏治療薬のダポキセチンとの合剤のスーパーハードオンがあります。ハードオンを含めこれらのバイアグラジェネリックは日本国内では一般流通がないため、薬局などで購入することはできません。インターネットなどでの個人輸入や通販での購入が主になります。しかし、個人輸入や通販での購入は個人の健康状態は自己判断となり、現在の健康状態では併用が出来ないことも充分考えられます。医薬品には様々なリスクが存在していることを考慮すると個人輸入や通販での医薬品の購入は控えるべきだと考えられます。ユナイテッドクリニックでは無料でED治療の相談を受けております。ハードオンを購入を検討の方は当院へ一度、ご相談ください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ