マンフォース

マンフォースとは

マンフォース(manforce)とは、バイアグラと同じ成分であるシルデナフィルを含むジェネリック薬です。インドの製薬会社であるマンカインドファーマシー社より販売されております。

今では、ファイザー製薬の持つシルデナフィルの製造特許期間は満了しており、バイアグラジェネリックは世界中の製薬会社で製造がされています。特にジェネリック医薬品大国として知られているインドでも様々な製薬会社が医薬品を製造販売がされています。これはインド国内の医薬品に関する独自の法解釈によるもので、某隣国のような偽ブランド品や偽キャラクター商品とは全く違う、正真正銘のジェネリック医薬品を製造しています。我々日本人の感覚からするとインドは雑多でゴミが多く川で沐浴をすることぐらいしかイメージしませんが、最近のインドの近代化は著しく、今回紹介のマンカインドファーマシー社もこのインドの近代化を支える製薬会社です。錠剤タイプの医薬品であり、服用することで勃起力を向上する効果があらわれ、女性との幸せな夜を過ごせます。

※ユナイテッドクリニックではマンフォースは取り扱っておりませんが、バイアグラジェネリックを安価で処方しております。

マンフォースの効能・効果

manは男や人そのものを意味し、forceは直訳すると力(チカラ)を意味します。マンフォースはEDの改善にも効果が高く、中折れの心配やセックスでの失敗を悩む必要がなくなります。 主成分はシルデナフィルであり、海綿体の血流増加を正常に行って血管拡張を促進します。 その結果、自分本来の強い正常な勃起が起こるのです。 硬く強い勃起になることで中折れすることなく、逆に女性の膣内を強く擦れるようになるため、女性にも喜ばれることうけあいです。マンフォースの服用で硬く強い勃起を手に入れて「力強い男性」を目指しましょう。

マンフォースの飲み方・服用方法

成人男性には1日1回シルデナフィルとして25mg~50mg(0.5~1錠)を性行為の約1時間前に経口投与してください。高齢者(65歳以上)、肝障害のある方および重度の腎障害(Ccr<30mL/min)のある方については、本剤の血漿中濃度が増加することが認められているので、25mg(0.5錠)を開始用量としてください。1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上としてください。

マンフォースの効果時間

効果の持続は約3時間から6時間です。

マンフォースの副作用

血管拡張作用(頭痛、ほてり、血圧低下、どきどきする、胸が痛む)、視覚障害(眼の痛み、視覚異常、結膜炎、光が赤く見える、まぶしく見える、物が青く見える、眼に光が当たっていないにも関わらず光を感じる、白目が赤くなる)、持続勃起(勃起が続く)など。 これらの症状は薬が作用していることで起こりますが重篤なものはほぼありません。 また、作用が薄れていくと同時に副作用も徐々に落ち着くことがほとんどです。

マンフォースの併用禁忌薬

塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)などを服用している方はマンフォースの服用はできません。

マンフォースの禁忌・服用してはいけない方

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方。硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)を投与中のある方。心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられるある方。重度の肝機能障害のあるある方。低血圧の患者(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)。脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にあるある方。網膜色素変性症のある方。アミオダロン塩酸塩(経口剤)を投与中のある方。可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中のある方。

マンフォースの通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行などでマンフォースを購入する方もいらっしゃると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが望ましいです。医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めしております。

ED治療が初めての方の場合、ご自身の程度やご自身にあった治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のEDの程度よりも少ない用量を服用して「効果がなかった」「効かない」では、せっかく服用した意味がありませんので、注意が必要となります。

実は用量ではなく、服用方法に問題がある場合もあるため、ご自身の判断のみで決めずに、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。また、当院ではあなたのライフスタイルに合ったED治療薬を適切な用量で処方いたします。服薬指導なども丁寧に行っておりますので、ぜひ安心してご来院してください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ