フィナステリド錠 0.2mg・ 1mg「クラシエ」

フィナステリド錠0.2mg・1mg「クラシエ」

プロペシアとは有効成分『フィナステリド』が配合されたAGA(男性型脱毛症)治療薬です。AGA治療の基本は抜け毛を減らして発毛力を増やすことですが、このフィナステリドによって抜け毛を抑えることが期待できます。

AGAには男性ホルモンが大きく関わっています。男性ホルモンは毛根にある毛母細胞で5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変換されますが、このDHTが毛根細胞の分裂を抑制するために髪の毛の成長が止まり、薄毛・脱毛を引き起こす ことになります。

「プロペシア」の主成分フィナステリドには5αリダクターゼを抑制する働きがあります。したがって、「プロペシア」を服用することでDHTの産生が減少することになり、結果的に脱毛抑制が期待できます。 AGAの8割が遺伝によるものといわれていますが、特に若年性脱毛症の場合は遺伝の影響が大きく、これは5αリダクターゼの活性が高く男性ホルモンからDHTに変換されやすい、あるいはDHTの感受性が高いなどの体質が遺伝するためと考えられます。 その他にAGAの原因としては、ストレス、喫煙、不規則な生活、栄養不足などもあげられます

フィナステリド錠 0.2mg・ 1mg「クラシエ」はプロペシアジェネリックとして2016年2月18日に販売を承認され、4月21日より発売開始。もちろん成分はプロペシアと変わりありません。世界共通のジェネリックの基準である「生物学的同等性試験」を行い、プロペシアと効果が同等として厚生労働省に認められています。

フィナステリド錠「クラシエ」の飲み方・服用方法

成人男性は0.2・1mgを1日1回服用します。1日1mgまでとされていますのでそれ以上は服用しないこと。本剤は1錠中に主成分0.2・1mgを含む製剤です。必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで1回分をとばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

円形脱毛症には効果がありません。効果発現を実感するには最低でも6ヶ月以上かかります。

フィナステリド錠「クラシエ」の副作用

過敏症、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫、口唇腫脹、舌腫脹、咽喉腫脹、顔面腫脹、リビドー減退、勃起機能不全など。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

フィナステリド錠「クラシエ」を服用してはいけない方

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方。妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人。未成年。

フィナステリド錠「クラシエ」の通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行等でフィナステリド錠 0.2mg・1mg「クラシエ」を購入する方もいらっしゃると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいです。また医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めします。

特にAGA治療が初めての方の場合、ご自身のAGAの程度やご自身にあったAGA治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のAGAの程度よりも少ない用量 を服用して「効果がなかった」「効かない」ではせっかく服用した意味がありません。また用量ではなく、服用方法に問題がある場合もございます。ご自身では判断せず、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。あなたのライフスタイルに合ったAGA治療薬を適切な用量で処方いたします。また、当院は服薬指導なども丁寧に行いますのでご安心してご来院ください。

はじめての方へ/診療の流れ
トップへ