ザガーロジェネリック

ザガーロジェネリックの効果

『ザガーロ』はイギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)が研究、開発したデュタステリドを有効成分とするAGA治療薬です。有効成分のデュタステリドは前立腺肥大症に適応のある『アボルブ』という薬剤と同じ成分で以前から広く利用されていました。効果はテストステロンがDHTに変換される前に、5α還元酵素を阻害することで脱毛・抜け毛を防ぎます。5α還元酵素は1型と2型があり、AGA治療薬で有名なプロペシアの主成分であるフィナステリドは、2型しか阻害することができません。しかしデュタステリドは1型、2型の両方を阻害することが可能です。

さらにデュタステリドは、フィナステリドの約1.6倍もの阻害効果があると報告されています。副作用は性欲減退、勃起不全、うつ、肝機能障害などがありますが副作用の発生はかなり低いと言われております。AGA治療薬としても認可されることになり商品名を『ザガーロ』として登録され、製造・販売されています。

ザガーロジェネリックとは まず、現在では国が使用を推奨しTVCMなどで一般的に普及しているジェネリック医薬品。それは、新薬(先発医薬品、先発品)の特許が切れたのちその新薬と同等の効果、安全性があると認められたものがジェネリックと呼ばれるものです。 2015年9月に特許を得たばかりのザガーロには日本国内でジェネリック医薬品の販売はされていません。しかし国によって特許や法律の決まりなどが違うため、製造と販売しているのもあります。海外のザガーロジェネリックは『デュタステリド0.5mg』として販売されており、『デュタス、デュプロスト、デュタプロス』などの商品名で販売されております。これらは、海外の大手製薬会社が製造・販売しているものですべて正規のAGA治療薬になります。

デュプロスト

抗エイズ薬、抗がん剤などのジェネリック薬、さまざまな医薬品を取り扱っており、アメリカ、アジア諸国、ヨーロッパなど世界150か国以上に輸出しているジェネリック医薬品のメーカーとして大手の製薬会社・シプラ社が製造したデュタステリド製剤、それがデュプロストです。

デュプロストは現在でも世界的に流通しているAGA治療薬です。ザガーロと同じくソフトカプセルタイプの薬剤で主成分がデュタステリドなので、もちろん効果も変わらず同じです。

デュタス

デュタスはドクター・レディーズ・ラボラトリーズ社から製造・販売されているデュタステリド製剤です。同社は世界でもトップ10に入るジェネリック医薬品会社で信頼もあります。

デュタスもデュプロスト同様カプセルタイプとなっており、15カプセル、30カプセルでシートになっているのが特徴的です。デュタステリドの含有量は0.5mgのみとなります。

ベルトリド

ベルトリドはインタス・ファーマシューティカルズ(Intas Pharmaceuticals)社が製造・販売しているデュタステリド製剤となります。プロペシアジェネリックとして知られているフィナロもこの会社から製造されております。

ベルトリドはタブレットタイプになっており、他のカプセルタイプと比較すると一般的な治療薬に近く、飲みやすくなっております。含有量は他の製剤同様0.5mgとなります。

ザガーロジェネリックの飲み方・服用方法

デュタステリド製剤の飲み方・服用方法はザガーロと同じ飲み方です。時間を決めて毎日、1日1回1錠、ご自身の都合に合わせ忘れにくいタイミングで服用してください。たとえば昼食後や就寝前など日々の習慣にしやすいタイミングにするといいです。食前食後は特に関係ありません。

しかし、飲酒、アルコールは控えるようにしましょう。また口の中で噛むと成分が口内の粘膜などを傷つける恐れがあるためご注意ください。飲み忘れたからといって1回に2錠服用するのはしないようにしましょう。2錠服用したからといって用量を上げても高い効果を得られるわけではありません。
デュタステリドは女性と子供は服用できないだけでなく、触れることもしないよう注意が必要となります。特に妊娠中の女性は、お腹の赤ちゃんに悪影響が出る恐れがあります。服用する男性でパートナーやお子様がいるご家庭の場合は特に薬剤の管理に注意してください。プロペシア(フィナステリド)もそうですが、肝機能に障害のある方も注意が必要です。服用をお考えの場合はかかりつけの医師や病院に必ず相談してから判断しましょう。

ザガーロジェネリックの副作用

勃起不全や性欲減退、精液量の減少です。臨床試験では、調査症例557例(日本人:120例)で、95例(17.1%)が副作用を訴えた方です。その症例の中では、勃起不全が24例(4.3%)、性欲減退22例(3.9%)、精液量の減少7例(1.3%)でした。さらに詳しく副作用について知りたい方は、AGA治療専門の医療機関で専門医師にご相談ください。

ザガーロジェネリックを服用してはいけない方

ザガーロジェネリック成分や5α-還元酵素阻害薬に対する過敏症の既往歴がある方。
また、ザガーロジェネリックは主に肝臓で代謝される薬なので、重度の肝機能障害のある人が服用すると、充分に代謝されず血中濃度が上昇する恐れがあります。肝機能障害のある患者に投与した場合の薬物動態については明らかになっていないため、肝機能障害を患っている人は、ザガーロを服用する前に必ず医師にご相談ください。ザガーロジェネリックは、男性ホルモンの働きを抑制することでAGAの治療効果を発揮します。女性が飲んでも薄毛を改善する効果はないので、女性は服用してはいけません。 特に、妊婦や産婦、授乳婦にとってザガーロは禁忌となります。

ザガーロジェネリックの通販・個人輸入について

通販・個人輸入代行等でザガーロジェネリックを購入する方もいらっしゃると思いますが、医薬品であるため、医師の診察を受け処方してもらうのが好ましいです。また医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入を考慮し、行わないことをお勧めしております。

AGA治療が初めての方の場合、ご自身の程度やご自身にあった治療薬とその用量がどれぐらいかを判断することは非常に難しいです。ご自身のAGAの程度よりも少ない用量を服用して「効果がなかった」「効かない」ではせっかく服用した意味がありませんので、注意が必要です。

実は用量ではなく、服用方法に問題がある場合もございますので、ご自身の判断だけで決めずに、ユナイテッドクリニックの医師にご相談ください。あなたのライフスタイルに合ったAGA治療薬を適切な用量で処方いたします。なお、当院は服薬指導なども丁寧に行っておりますので、ぜひ安心してご来院ください。

はじめての方へ/診療の流れ
求人情報
トップへ