バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックシルデナフィル

シルデナフィル

ユナイテッドクリニック東京各院ではバイアグラジェネリック(シルデナフィル)を処方しております。

*ユナイテッドクリニック推奨のED治療薬です。

*当院では東和薬品、テバ社等のバイアグラジェネリックを取り扱っておりますが、各院により取り扱いが違う場合がございます。但し、メーカーが違うだけでどのメーカーのバイアグラジェネリックもED治療効果は同じですのでご安心ください。当院では一部製品について成分チェックも行っており、高い安全性を追求しております。

バイアグラジェネリック処方がおすすめ

アメリカのファイザー製薬のバイアグラは日本で最初に発売されたシルデナフィルを主成分としたED治療薬で先発医薬品とも呼ばれています。先発医薬品には特許があるため、特許を出願してからある一定の期間、開発メーカーのファイザー製薬がシルデナフィルを主成分とするバイアグラを独占的に製造・販売することができます。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは、先発医薬品の特許が切れたあとに製造・販売される先発医薬品と同じ成分・効果の医薬品のことを指します。

シルデナフィル

2014年4月にファイザー製薬が保持するバイアグラの特許が日本国内で切れたため、他の国内の薬剤メーカーが厚生労働省の許可を得てED治療薬としてシルデナフィル」を製造販売することができるようになりました。

新薬を開発するためには、時間やコストがかかります。ジェネリック医薬品はこの開発コストを大幅に抑えることができるため、先発医薬品よりも安価な金額で処方することが可能になります。

ジェネリック医薬品は効能や効果、安全性は先発医薬品と変わらず、その価格はより安価に提供できるため急速に認知されてきています。近年、品質も大きく改善され、先発品の品質を上回るジェネリックも多くなり、評価・評判も高まっています。

ユナイテッドクリニック東京各院では2014年6月よりバイアグラジェネリックの処方を開始いたしました。購入費用は薬剤費のみで診察料や処方料などは頂いておりません。東京、埼玉、神奈川福岡博多など最安値で処方させていただきます。通常50mgで治療を開始しますが、当院ではバイアグラジェネリックの25mg錠と50mg錠の両剤を取り扱っているため、25mgで十分効果が見られるごく軽症のEDの方にもジェネリック医薬品の処方が可能です。また日本以外ではバイアグラ100㎎錠によるED治療が主流となっています。バイアグラは世界での累計処方実績がNO.1であるED治療薬です。そのためバイアグラは100㎎錠までの安全性や有効性が証明されています。

当院ではテバ製薬や東和薬品のOD錠などのバイアグラジェネリックの取り扱いをさせていただいております。ファイザー社のバイアグラと主成分が同じ「シルデナフィル」を含んだ薬剤です。

バイアグラとバイアグラジェネリックの違いを比較

効果や副作用・飲み方、服用方法は全く同じ

バイアグラジェネリックの飲み方、使用方法、バイアグラジェネリックの効能・効果・持続時間、バイアグラジェネリックの副作用、バイアグラジェネリックの併用禁忌薬はバイアグラと全く同じです。バイアグラのページ、添付文書、インタビューフォームでもご確認ください。

ジェネリックの認可には世界共通の基準があり、例えばバイアグラであればバイアグラと同様のシルデナフィルを成分とし、同じ用量で吸収の速度が同じ、最高血中濃度が同じでないと認可されません。つまり厚生労働省や各国の厚生労働省に認可されたバイアグラジェネリックはファイザー社が販売しているバイアグラと比較し、その効果は同じです。また副作用等も同様です。バイアグラジェネリックは性行為の1時間前に服用するとバイアグラと全く同様のED治療効果を発揮します。バイアグラジェネリックの効果作用時間も同じです。

比較すると違いは製薬メーカーと価格(値段)見た目

バイアグラとバイアグラジェネリックの一番大きな違いは製薬メーカーと価格(値段)・見た目です。バイアグラはファイザー社が日本で特許権を持っており、独占的に販売していましたが、2014年4月に特許が満了したために東和薬品(トーワ)、キッセイ薬品工業(キッセイ)など後発メーカーや他メーカーがバイアグラジェネリックを販売することが可能になりました。そのためバイアグラジェネリックとバイアグラの一番大きな違いは製薬メーカーが違うことです。

また服用する方々にとって最も違う点は価格(値段)の安さです。バイアグラジェネリックの購入費用はバイアグラよりも格安で人気です。バイアグラジェネリックは研究開発費などのコストがかかっていないため価格(値段)を抑えた格安・激安の価格で販売することが可能になりました。2014年6月のバイアグラジェネリックの販売以降、殆どの方がバイアグラからバイアグラジェネリックへの切り替えを行っています。バイアグラジェネリックは価格が安く最安(最安値)のため人気です。

バイアグラは菱形の錠剤ですが、基剤、コーテンィグ剤の違いのため、白色の錠剤やピンクの錠剤など見た目に違いが出ます。これはただ見た目が違うだけですので安心して服用してください。東和薬品の『シルデナフィルOD錠VI「トーワ」』のようにOD錠(水なしで服用できる錠剤)のタイプもあり、これはバイアグラの改良版といえるでしょう。また海外ではタブレット以外にも発泡錠やゼリー(ジェリー)タイプのものも販売されています。

バイアグラジェネリックの効果

バイアグラジェネリックの特徴

バイアグラはPDE-5阻害薬に分類されます。
日本ではバイアグラジェネリックは50mg錠までしか認可・承認されていませんが、海外では通常100mg錠まで認可されています。
通常は50mg錠で開始し、25mg錠はごく軽度のED症状の方に処方する程度です。
バイアグラジェネリックは即効性のED薬で服用後1時間でED治療効果を発揮します。服用後性的な刺激がなければ服用しても反応しません。また刺激がなくなればもとに戻ります。
効果時間内にずっと勃起しているようなことはありませんのでのでご安心ください。バイアグラジェネリックなどED薬には性欲増進作用や性感染症の予防効果はありませんのできちんと予防するようにしてください。

バイアグラジェネリックの副作用

バイアグラジェネリックやバイアグラ等シルデナフィル製剤はED薬中、最も副作用の頻度が多いことが知られています。主な症状としては頭痛、顔のほてり、目の充血、動悸、目の奥の痛み、鼻閉が知られていますが一時的なものです。薬効が消失するとともに症状はなくなります。また視野が青っぽく見える「青視症」も知られています。頭痛が気になるときはロキソニンなど鎮痛剤での対症療法を行ってください。火照りなどは効果発現のサインと取ってください。副作用の不明点、心配な点は医師にご相談ください。

バイアグラジェネリックの飲み方・服用方法

バイアグラジェネリックは性行為の1時間前に服用してください。最高血中濃度(最も効果が出ている時間)は服用後60~90分後です。ED治療薬は食事・アルコールの影響を受けやすい薬剤です。バイアグラジェネリックも食事やアルコールの影響を受けやすいED薬であることが知られています。
基本は空腹で服用して頂きたいのですが、どうしても食事する場合には、特に油分には弱いため、あっさりしたもので軽めにしてください。食後3時間空けて服用してください。

バイアグラジェネリックの禁忌・併用禁忌薬

バイアグラは心筋梗塞や脳卒中など血管系の疾患を6か月以内に発症した方が服用することができません。また狭心症などでアミオダロン(アンカロン)、硝酸薬を服用、塗付している場合も使用できない場合がありますので医師にご相談ください。

バイアグラジェネリックが効かない?

原因としては以下のものが考えられます。

  • 服用したタイミング
  • 食事、アルコールの影響
  • ED薬を服用し始めたばかりの方
  • EDの程度が強い

バイアグラジェネリックは性行為の1時間前に服用してください。バイアグラジェネリックを服用してすぐに性行為をしても効果は現れません。逆に間をあけすぎても同様です。バイアグラジェネリックやバイアグラは非常に食事、アルコールの影響を受けやすいことが知られており、効果は半減します。そのため食事やアルコールを取る場合はレビトラやシアリスの服用をおすすめします。

またED薬を服用し始めたばかりの方は不安や緊張でバイアグラジェネリックの効果がでにくく、服用4回目まで効果が見られる方の割合が増えることが知られています。5~6回は試してみてください。またEDの程度が強く、バイアグラジェネリック50mg錠で効かない方はレビトラ20mg錠、シアリス20mg錠への切り替えをおすすめします。

バイアグラで効いていたのにバイアグラジェネリックだと効かない?

バイアグラで効いていたのにバイアグラジェネリックだと効かないということは理論上ありえません。それは作用機序が全く同じで、成分であるシルデナフィルが体内に同様に吸収され、最高血中濃度も同様であるからです。全く同様に作用します。

2014年6月のバイアグラジェネリック販売直後、バイアグラで効いていたが、バイアグラジェネリックで効かなかった方が各医療機関で少数見受けられました。これはメーカーなどの調査で心因的要素が原因と言われています。バイアグラジェネリックは日本で初めて販売されるED薬のジェネリックでした。そのためジェネリックのことをよく知らない方が「ジェネリックで効くのか?」と不安ながら服用した方がその心的ストレスによりEDとなってしまい、効果がなかったようです。EDはデリケートな疾患ですので、性行為以外の事に気を取られているとED薬がうまく効果を発揮できません。最近はジェネリックの認知度も高まり、そのような方は見受けられないようになりました。

バイアグラジェネリックの種類・一覧

バイアグラジェネリックは国内、海外で多くのメーカーから販売されています。日本製のバイアグラジェネリックは10社から韓国などは40社以上から発売されているそうです。またアメリカやフランス、インドなどの国からも販売されています。これらのバイアグラジェネリックはすべて正規品のものです。国産のバイアグラジェネリックと通販サイトでは一覧やランキングにされていますが海外のバイアグラジェネリックの一部をご紹介いたします。

シルデナフィル50mgOD錠VI「トーワ」

東和薬品が販売するバイアグラジェネリックで日本で初めて発売されたバイアグラジェネリックです。東和薬品は一部上場の後発品メーカーです。「くすりの明日を考える」をキャッチフレーズにし、黒柳徹子さんのTVのCMでご存知の方も多いでしょう。「飲みやすい高い品質のジェネリック」を販売しています。東和薬品は国内で唯一OD錠(水なしで飲める)になっており、また唯一フレーバーとなっており、レモン風味とコーヒー風味があります。25mg錠は製造されておらず、50mg錠のみの販売ですが錠剤に割線があり、割って服用することも可能です。

シルデナフィル50mgVI「FCI」

富士化学工業が販売するバイアグラジェネリックです。このバイアグラジェネリックの特徴は「完全コピーバイアグラ」です。見た目の形、色、基材やコーティング剤のすべてをファイザー社のバイアグラと同じにしてあります。違いはパッケージやPTPシートぐらいです。

国内で国産バイアグラジェネリックを販売しているメーカーは陽進堂(YD)、あすか製薬・武田薬品(あすか)、キッセイ薬品(キッセイ)、大興製薬・本草製薬(DK)、大興製薬・麻耶堂製薬(DK)、辰巳化学(TCK)、シオノケミカル・アルフレッサ(SN)、テバ製薬(テバ)です。ファイザー社と提携しているマイラン社は厚生労働省に販売承認を得ていますが、実際に販売していません。

カマグラ

インドのアジャンタファーマが販売するシルデナフィル製剤です。日本ではバイアグラジェネリックとされていますが、実際は海外正規品です。ファイザー社に使用料を支払い販売していました。50mg錠と100mg錠があり、カマグラゴールドやPOLO、発泡錠、ゼリー(ジェリー)など様々な剤型があります。

バイアグラジェネリック処方

バイアグラジェネリック処方は保険診療ではないので薬価はありません。そのため病院やクリニックなど医療機関ごとに販売価格が違います。また診察料や再診料、処方料がかかるクリニックもありますので必ずご確認ください。ユナイテッドクリニック東京(池袋・新宿・渋谷・上野・新橋)・横浜・大宮・福岡博多院では2014年6月よりバイアグラジェネリックの処方を開始いたしました。購入費用は薬剤費のみで診察料や処方料などは頂いておりません。東京、埼玉、神奈川など最安値で処方させていただきます。仙台、大阪、名古屋、福岡など様々な地域からご来院頂いております。

バイアグラジェネリックの通販・個人輸入代行は偽物に注意!

バイアグラジェネリックなどのED(勃起不全・イーディー)治療薬を受け取るには医師の処方箋で院外の薬局から受けとるか院内処方によりクリニック・病院内で薬を受け取るか、どちらかとなります。国内では日本のED治療薬の通販は禁止されており、国内の病院・クリニックが診察なしで医薬品を郵送することも違法で処罰されます。薬局や販売店での医師の処方箋なしでの販売も違法です。

海外製ED治療薬の通販(個人輸入・輸入代行)に関しては法で認められています。但し錠数の制限があることと、流通の際に偽造品が混入してくることが問題視されています。インターネットでの個人輸入の際に60%程度に偽造品が混入すると言われています。格安・激安で口コミ(2ch・体験・体験談・レビュー)で評判・評判が良くても安心できませんのでご注意ください。

海外製ED治療薬には誤解も多いのですが海外製品が粗悪なのではなく、きちんとした流通経路で正規の薬剤を入手できないことが問題なのです。個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は難しいのが実情です。非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に難しいうえに、内服することで深刻な健康被害を引き起こすことがあるため危険です。

クリニックや病院など医療機関では医師が管轄の厚生局(厚生労働省の出先機関)の承認を得て、薬監証明を取得すれば本物の海外バイアグラジェネリックやそれ以外の海外医薬品(正規品)を入手・処方することが可能です。ユナイテッドクリニック東京(池袋・新宿・渋谷・上野・新橋)・横浜・大宮・福岡博多院ではきちんとした流通路をもつ医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。

トップへ