コラム

column

レビトラが品薄の場合 

レビトラはED薬の1つで人気があります。勃起不全症とも呼ばれるEDはErectile Dysfunction の略で日本性機能学会では通常75%以上で性行為ができない場合をEDとみなしています。EDはインポ、インポテンス、などとも呼ばれ日本では不能などと呼ばれることもあったようです。具体的には性行為時に十分な勃起やその維持ができずに満足な性交ができない状態、または性行為自体に不安がある場合などもED症状と呼ばれることがあります。成人男性の4人に1人はED症状を持つといわれ女性からの問い合わせも増えているというのが現状です。その中でもレビトラは2018年の2月くらいから品薄になっているようで利用者は困惑していることでしょう。今回はレビトラが品薄の場合についてお話しましょう。

レビトラとは?

レビトラはバイアグラの改良版として販売が開始されました。バイエル社というドイツの製薬会社が作製・販売しており、有効成分名をバルデナフィルといいます。レビトラはPDE-5酵素阻害薬という医師の処方箋がないと処方できない薬剤で、購入は病院やクリニックでするのが一般的です。レビトラは精力増強効果や催淫効果がある薬剤ではありません。陰茎への血流を改善して勃起を助けてくれる薬剤です。レビトラには5mg、10mg、20mgの用量があり、通常は10mgを服用していただき極量の20mgまで増量できます。次のレビトラ錠服用まで必ず24時間空けるようにしましょう。

EDの原因は加齢、疾病の有無、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病、食生活、運動不足、男性ホルモンの低下、喫煙、飲酒、ストレスなどです。心因性、器質性、薬剤性、混合性の4つに大きく分類されており、心因性はストレスやトラウマなど、器質性は加齢や疾病の有無など宿主に原因があるもの、薬剤性は常用している薬剤の副作用としてEDとなっているものを指し、混合性はこれらが組み合わさったものです。心因性や薬剤性のEDは自信を回復したり、薬の種類を変更することで改善する可能性がありますが、EDのほとんどは器質性といわれていて器質性EDを改善するには健康な生活、健康な体が必須です。年月をかけて徐々に症状が悪化してきたものをすぐに改善できるものではありませんので、ED薬や男性ホルモンを補充したり、食生活や生活習慣を改めることで徐々に改善に向かうことがあります。陰茎の血管は細く詰まりやすいためED症状は大きな病気のサインの可能性もありますので医師に相談して現状を把握することが賢明です。

他の病気と同様で薬剤を用いながら生活習慣を改善することが治療の第一歩です。レビトラを服用しながら医師とともに健康改善を行うのが普通で、同時に亜鉛やマカ、ビタミンB、DHEAなどの男性ホルモンを増加させるサプリメントも補給することが有効だといわれています。

レビトラが品薄らしい

レビトラは生産工場が止まっているため製造・販売が停止しています。全世界で工場も一つしかなかったためこのような事態となっている様子です。原因は工場の問題?などいわれていますが安定供給されるまで待つしかないのでしょう。レビトラが品薄な場合はバイアグラやシアリスを購入することができます。レビトラがまだ残っているクリニックもあるかもしれませんので電話などで問い合わせてみるのも解決策の一つかもしれません。

レビトラ20mgを服用している場合、同等の効果を得るにはバイアグラ100mgが相当します。日本で認可されているのが50mgまでですので50mgを2錠服用することで同等の効果となります。シアリスは20mgが極量ですがシアリス20mgの硬さはレビトラ10mgと20mgの間くらいといわれており、シアリス20mgでは同等の効果は得られない場合が多いといわれています。

レビトラの再開時期についてはわかっていません。レビトラの特許期限も迫ってきておりレビトラの供給再開よりもジェネリックの発売が早くなる可能性もあります。レビトラジェネリックが発売された場合はバイアグラと同様に成分名のバルデナフィルとして販売されると思われます。レビトラが品薄の場合はまず、最寄りのユナイテッドクリニックへご相談ください。

 

ED治療・早漏治療はユナイテッドクリニックにお任せください。

ED治療早漏治療はユナイテッドクリニックにお任せください。ED治療薬のバイアグラレビトラシアリスバイアグラジェネリックシルデナフィル)、早漏治療薬のダポキセチンプリリジーリドスプレーはユナイテッドクリニック各院同価格で地域最安値で処方を行っております。関東、中部、近畿、九州、各地方にユナイテットクリニックはありますので、お近くの方はもちろん、旅先や出張などでお越しの際もご利用頂けます。また、EDの根本治療の為に必要な亜鉛ビタミンBマカDHEAも取り扱いがございます。こちらも併せることで治療に有効です。

診察料は頂いておりません。プライバシーも配慮を欠かしません。

ユナイテッドクリニックでは初診料・再診料は頂いておりません。お薬代のみの請求なので、格安かつ最安値で処方を目指しております。また、全てのは院は駅近の好立地なので、人目につかずにご来院頂けます。医師・受付スタッフ全て男性で構成されていますので安心してご利用頂けます。

ユナイテッドクリニック各院のご紹介


新宿南口院   クリニック紹介 アクセス
上野駅前院   クリニック紹介 アクセス
新橋駅前院   クリニック紹介 アクセス
大宮院   クリニック紹介 アクセス
名古屋駅前院  クリニック紹介 アクセス
京都四条烏丸院 クリニック紹介 アクセス
福岡博多院   クリニック紹介 アクセス
東京駅前院   クリニック紹介 アクセス

記事監修

2008年
久留米大学医学部医学科卒業
2008年~
福岡大学病院にて卒後臨床研修後、同大学医学部形成外科に入局 (2017年3月退局)
2011年
山口県済生会下関総合病院形成外科
2012年
新小文字病院形成外科
2013年
福岡大学大学院生体制御系専攻入学(2017年3月修了)
2014年~
正樹会佐田整形外科病院形成外科
2016年
九州中央病院形成外科
2017年4月
ユナイテッドクリニック福岡博多院院長就任
はじめての方へ/診療の流れ
求人情報
トップへ