コラム

column

ザガーロジェネリック(デュタステリド)でAGA治療

ユナイテッドクリニックでは、ザガーロジェネリックを処方しております。東京だけでなく、全国最安値を目指しており、安価でのAGA治療が可能です。

AGA治療では、グラクソ・スミス・クライン社からザガーロが発売されるまではプロペシアが人気がありましたが、ザガーロが発売されてからは「ザガーロ>プロペシア」の人気になっています。どちらも、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する働きがありますが、プロペシアはII型の5αリダクターゼのみの阻害で、ザガーロはI型II型の5αリダクターゼどちらも阻害することで、DHTの生成を防ぎ、AGA治療としてプロペシアよりも1.6倍の効果があるといわれているからです。

ザガーロジェネリックとは

2020年にザガーロは国内での特許が切れたため、ザガーロのジェネリック医薬品が発売されています。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同等の有効成分・作用・安全性が同等と認められなければ販売することができません。そのため、ザガーロジェネリックはザガーロと同等のAGA治療を行えることができます。ザガーロジェネリックは、ザガーロのAGAに対して働く有効成分である「デュタステリド」が、同等量含まれており、安全性も確かな薬剤になります。
そして、ジェネリック医薬品は、先発医薬品よりも開発費用が抑えられるため、先発医薬品よりも安価に手に入れることができます。
厚生労働省も、患者さんの薬剤費の自己負担の軽減と、医療の質を落とすことなく、医療の効率化を図ることができるため、ジェネリック医薬品を推奨しています。

デュタステリドの服用方法

デュタステリドは、0.1mgと0.5mgがあり、1日1回1錠、または1カプセルを毎日服用します。用量が多い0.5mgの方が、AGA治療の効果が高く、一般的にAGA治療薬に用いられています。しかし、0.5mgを超える用量を服用しても効果に違いは現れず、副作用が強く現れる可能性があるため、1日0.5mgまでとしてください。
一般的に0.5mgが処方されているとしましたが、用量だけでなく、服用時の注意点もあるため、必ず医師の診察後に処方してもらいましょう。

デュタステリドの副作用

デュタステリドには、DHTという男性ホルモンの生成を防ぐ働きがあるため、性欲減少や勃起不全が現れる可能性があります。殆どの方に現れませんが、もし現れてしまった場合は、ED治療薬であるバイアグラなどの服用で治療することが可能です。

デュタステリドの注意点

併用禁忌薬はありませんが、男性ホルモンに影響を与えるため、女性への適応もありません。また、妊婦や授乳中の女性の方、小児は服用できません。
それと、重度の肝障害をお持ちの方の服用もできません。
デュタステリドを服用中は献血はできません。また、服用中止後6か月経過しなければ、献血ができません。

デュタステリド処方

デュタステリドは、医師の処方箋がなくてはいけない薬剤です。必ず病院や専門のクリニックで処方してもらうようにしましょう。
ユナイテッドクリニックでは、デュタステリドだけでなく、他にもAGA治療に効果のある薬剤を処方しております。東京だけでなく、全国各地で多くの患者さんに処方を行っています。
AGA治療にはユナイテッドクリニックにご相談ください。

ユナイテッドクリニック各院のご紹介

新宿南口院   クリニック紹介 アクセス
上野駅前院   クリニック紹介 アクセス
新橋駅前院   クリニック紹介 アクセス
大宮院     クリニック紹介 アクセス
名古屋駅前院  クリニック紹介 アクセス
京都四条烏丸院 クリニック紹介 アクセス
福岡博多院   クリニック紹介 アクセス
東京駅前院   クリニック紹介 アクセス

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任
はじめての方へ/診療の流れ
求人情報
トップへ