コラム

column

「旦那がED」で離婚は可能?

「旦那がEDで離婚したいです」「EDを理由に離婚はできますか?」

など、大手質問投稿サイトにこういった質問が乱立している状況に唖然としてしまいます。夫側としては、病気を理由に妻側から三行半を突き付けられてしまう現実はゾッとするのではないでしょうか?実際のところ、「ED」が原因で離婚が成立するのか見てみましょう。

一般的に離婚が成立するには?

協議離婚だとお互いの合意のみで離婚可能

およそ9割の夫婦が「協議離婚」で婚姻関係を解消しています。協議離婚はお互いに「離婚したい」と思い、離婚届に署名捺印し、役所に届け出るだけで認められる離婚です。特に争いもなく、最も簡単な離婚方法であるため、本当は離婚したくなくても裁判沙汰になるのが嫌で、仕方なく離婚届に判を押す妻や夫もいることでしょう。

相手が拒否した場合は法律上の離婚要件を確認

離婚届を妻もしくは夫に突き付けられて、「拒否」した場合は、離婚を請求した側によって裁判が起こされます。この場合、民法に定められた5つの離婚要件のうちいずれかに該当すれば離婚成立です。

【5つの離婚要件】

(1)不貞行為
(2)悪意の遺棄
(3)生死が3年以上不明
(4)配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
(5)その他婚姻関係を継続しがたい重大な理由

全ての要件に共通する前提が「夫婦関係が破綻している原因になっている(=(1)~(5)の原因によりすでに夫婦関係が破綻した状況にある)」ことです。簡単に要件の内容を説明すると、(1)不貞行為は肉体関係のある不倫のことで、(2)悪意の遺棄とは、「一方的に同居を拒否され別居状態であること」もしくは「生活を営む上での経済的協力(生活費を入れるなど)を双方の同意なく断っていること」等の相手方の強い拒否の事実のことです。(3)生死が3年以上不明は、夫婦のどちらかが何らかの事故や事件により「生死」不明の状態にある時のことで、単なる失踪や蒸発等による「行方」不明の場合は該当しません。行方不明の場合は7年経つと法制度により「死亡」したとみなすことができるので婚姻関係も解消されます。(4)配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとは、健全な意思疎通が不可能な程度の精神病に罹患した場合で、今後回復が見込めないケースに限られ、通常は精神病を理由に離婚は認められません。(5)その他婚姻関係を継続しがたい重大な理由は、夫婦間の事情によって非常に多岐にわたる部分ですが、例えばDV(家庭内暴力)や、アルコールや薬物依存症、刑事事件を起こし服役など、夫婦関係の修復が不可能だろうと判断される理由のことです。実はここに「ED」が含まれるケースがあります。

EDを理由に離婚できる?

妻側は離婚可能になるケースがある

「ED」で離婚要件の(5)が満たされるためには、EDにより「夫婦関係が破綻している」事実が証明されなくてはなりません。比較的認められやすいのが妻が20代後半~30代半ばで、「妊娠を強く希望している」場合に、夫がEDで、かつその治療を拒否し、その結果「EDが治る見込みがなく、将来的に妊娠が見込めない」場合でしょう。この場合は、客観的に妻側の妊娠力の低下が推測され、非協力的な態度を貫く夫のせいで「生涯においてこどもを出産する機会を奪われる」可能性があり、それを懸念した妻の不満が募っている場合に夫婦関係の破綻が主張しやすいと思われます。お互い納得しているセックスレスの場合は、夫婦関係破綻の理由にはなりません。一度は「生涯の伴侶」と愛した女性を失わないためにも、ED治療に臨むことをおすすめします。

EDは治療できます

おすすめはバイアグラ

EDはED治療薬で治療するのが鉄則です。ED治療薬は媚薬や催淫薬ではなく、血の巡りをよくする薬です。そう聞くと、心因性EDにも効果があるのか疑問に思うかもしれません。しかし、「今日はバイアグラ(ED治療薬)を飲んだからきっと大丈夫だ!」と安心することで、心理的にプラスに働き、さらに肉体的にも勃起をサポートしてくれるので、しっかりと効果を実感できます。ED治療薬はバイアグラ、シアリス、レビトラ、アバナフィル、ウデナフィルなど様々あるため、ご自身の体と相談して選ぶことになります。その時に一番おすすめなのが、ゆるぎない人気を誇るバイアグラです。しかし、国内のクリニックでよく処方される50mg錠では効果がいまいちであることが多く、100mg錠の処方が海外では一般的となっています。

ED治療薬は医療機関で

個人輸入や通販サイトはNG

ED治療薬は、個人輸入や通販サイトで入手できるのは確かに事実です。しかしながら、個人輸入は薬についての正しい知識が必要な上に、現地に赴くなどの大変な手間がかかるため現実的な方法ではありません。だからと言って、「安いし、楽だから」と通販サイトを利用することは危険です。日本の法律では個人輸入代行に限り通販が認められますが、多くの業者は違法な業態をとっており、仕入れてくるものも6割近くが偽造品・粗悪品となっています。こうした背景を知らずに安易に通販を利用したことで重篤な健康被害を起こしてしまったという報告は後を絶ちません。安心・安全を求めるならば、医療機関で医師の診察のもと処方してもらうのが一番です。

ED治療・早漏治療はユナイテッドクリニックにお任せください。

ED治療早漏治療はユナイテッドクリニックにお任せください。ED治療薬のバイアグラレビトラシアリスバイアグラジェネリックシルデナフィル)、早漏治療薬のダポキセチンプリリジーリドスプレーはユナイテッドクリニック各院同価格で地域最安値で処方を行っております。関東、中部、近畿、九州、各地方にユナイテットクリニックはありますので、お近くの方はもちろん、旅先や出張などでお越しの際もご利用頂けます。また、EDの根本治療の為に必要な亜鉛ビタミンBマカDHEAも取り扱いがございます。こちらも併せることで治療に有効です。

診察料は頂いておりません。プライバシーも配慮を欠かしません。

ユナイテッドクリニックでは初診料・再診料は頂いておりません。お薬代のみの請求なので、格安かつ最安値で処方を目指しております。また、全てのは院は駅近の好立地なので、人目につかずにご来院頂けます。医師・受付スタッフ全て男性で構成されていますので安心してご利用頂けます。

ユナイテッドクリニック各院のご紹介

池袋駅前院   クリニック紹介 アクセス
新宿西口院   クリニック紹介 アクセス
新宿南口院   クリニック紹介 アクセス
渋谷駅前院   クリニック紹介 アクセス
上野駅前院   クリニック紹介 アクセス
新橋駅前院   クリニック紹介 アクセス
横浜駅前院   クリニック紹介 アクセス
大宮駅前院   クリニック紹介 アクセス
名古屋駅前院  クリニック紹介 アクセス
大阪梅田院   クリニック紹介 アクセス
大阪なんば院  クリニック紹介 アクセス
京都四条烏丸院 クリニック紹介 アクセス
福岡博多院   クリニック紹介 アクセス
神戸三宮院   クリニック紹介 アクセス

記事監修

2003年
帝京大学医学部卒業
2003年
帝京大学医学部付属病院
2007年
帝京大学ちば総合医療センター
2010年
山王病院(千葉市稲毛区)
2013年
池袋ユナイテッドクリニック開設、院長就任
2016年
医療法人社団康英会設立、理事長就任
現在
ユナイテッドクリニックグループ全14院の総院長を務める
はじめての方へ/診療の流れ
トップへ