コラム

column

プロペシア

薄毛・AGA治療(男性型脱毛症)の定番といえば「プロぺシア」という方も多いかもしれません。爆笑問題のCMで「お医者さんに相談だ」というキャッチフレーズを覚えてる方もいらっしゃるでしょう。AGAは成人男性の頭頂部、前頭部、またはその両方が薄毛になることを指します。薄毛は医者に相談すれば改善できるかもしれない、これは薄毛で悩む方にとって夢の様な薬剤の登場でした。プロペシアは商品の名前で有効成分はフィナステリドといいます。プロペシアはMSD社が製造・販売している最初に薬剤を開発したため先発医薬品と呼ばれます。現在では特許期間が過ぎていてジェネリックも多数販売されており成分名のフィナステリドで一般的です。今回はプロペシアについて説明していきましょう。

プロペシアとは?

プロペシアはもともとアメリカのメルク社が前立腺肥大症の薬剤プロスカーの実験中に多毛や毛髪成長効果がみられたことから、改めて男性型脱毛症治療薬として開発された薬剤です。1997年にFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可が下り発売が開始されました。

商品名)プロペシア

会社名)MSD社

有効成分名)フィナステリド

適応症)男性型脱毛症治療薬、5αリダクターゼ阻害薬(5αー還元酵素Ⅱ型阻害薬)

用量)0.2mgと1.0mg

プロペシアの作用機序

プロペシアを服用して数か月で効果が出ることはまずありません。それは髪の毛の成長と深く関わるからです。髪の毛は通常2~5年の周期で生えては抜けるを繰り返しています。今、目に見える毛髪は2年以上前のものなのです。AGAの方はこのヘアサイクルが3ヵ月~1年周期と短くなっていて、まだ育ちきっていない幼弱で、短く、色素の薄い毛が大量に抜けることで薄毛が目立つようになります。このように周期を乱し、髪に悪さをするホルモンは特定されていて、DHT(ジヒドロテストステロン)といいます。このDHTが生成されるとヘアサイクルが乱れ丈夫な髪の毛が育たなくなり、新しい髪の毛の指令も止まってしまうため、加速度的に薄毛が進行します。

AGAの方の頭皮にはDHTが大量にみられますが、DHTは天然であるものではなくテストステロンという脱毛に関係ない男性ホルモンが5αリダクターゼという髪の毛の根っこにある酵素と反応することで生成されます。この酵素5αリダクターゼのⅡ型を抑制するのがプロペシアです。

プロペシア(フィナステリド)はこの髪に悪さをするDHTを選択的に阻害し、髪の毛のヘアサイクルを正常化させる薬剤です。そのため目に見える効果としては数か月~年単位の治療が必須となります。脱毛を防ぐ薬剤のため発毛効果はあまりなく、しっかり髪の毛が成長するため増えているように見えることはありますが、現状維持が効果としてよく知られています。プロペシアの用量は1.0mgが通常量で一般的に使用されています。

薬剤は劇薬に指定されており、医師の処方箋がないと購入できません。一日一錠、時間はいつでもよく水で服用します。男性型脱毛症への適応だけで他の脱毛症への適応はありません。

 

プロペシアの副作用

臨床試験においてプロペシア服用の約4%に副作用がみられています。性欲減退、リピドー減退、勃起不全等が承認時にみられ、使用成績調査ではリピドー減退0.2%、肝機能障害0.2%などが挙げられています。ED症状については因果関係がはっきりしておらず、自覚症状での報告なので過度に気にする必要はないでしょう。薬剤の副作用が多いもの例えば20%や30%だと気を付ける必要がありますが、プロペシアの作用機序に男性機能を低下させる作用はありません。また使用成績調査ではED症状は出ておらず、ED症状予備軍の方がプロペシアを服用して症状が出た可能性も否定できません。成人男性の4人に1人はED症状を持っているといわれるため確率としては高いといわれています。

プロペシアの禁忌事項

プロペシアは女性に触れさせないようにしてください。特に妊婦が触れるとプロペシアの作用により男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす可能性があります。また、錠剤を分割すると妊婦または妊娠中、妊娠の可能性のある婦人が曝露する可能性が増すため、分割しないようにしましょう。

プロペシアで効果がみられない場合

プロペシアで年単位の治療をして効果がでない、イマイチ理想と違う、など不満がある場合は他の薬剤を併用する、または変更することがいいかもしれません。ミノキシジル製剤は発毛効果があることで知られ日本では大正製薬が販売しているリアップとして知っている方も多いかと思います。ミノキシジルは錠剤のほうが効果が高いことが知られていますが日本では未承認の薬剤です。また、デュタステリド製剤はフィナステリドと似ていて脱毛を強力に抑える薬剤です。DHTを生成してしまう5αリダクダーゼⅠ型、Ⅱ型両方を抑えてくれますのでフィナステリドより強力です。Ⅰ型は頭皮全体に分布、Ⅱ型は頭頂部から前頭部に存在するといわれています。ここまで説明したAGA薬は日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインのAランク(行うよう強く勧められる)に位置付けられている薬剤です。AGA専門外来を受診し、専門の医師の指示のもと適正な治療を行うようお勧めいたします。

AGA治療はユナイテッドクリニックにお任せください。

AGA治療はユナイテッドクリニックにお任せください。プロペシアフィナステリドザガーロアボルブロゲインミノキシジルタブレットアロビックスケトコナゾールシャンプーAGA ドクターズカクテルはユナイテッドクリニック各院同価格で地域最安値で処方を行っております。関東、中部、近畿、九州、各地方にユナイテットクリニックはありますので、お近くの方はもちろん、旅先や出張などでお越しの際もご利用頂けます。また、髪の毛の成長を助ける亜鉛ビタミンBリジンも取り扱いがございます。

診察料は頂いておりません。プライバシーも配慮を欠かしません。

ユナイテッドクリニックでは初診料・再診料は頂いておりません。お薬代のみの請求なので、格安かつ最安値で処方を目指しております。また、全てのは院は駅近の好立地なので、人目につかずにご来院頂けます。医師・受付スタッフ全て男性で構成されていますので安心してご利用頂けます。

ユナイテッドクリニック各院のご紹介


新宿南口院   クリニック紹介 アクセス
上野駅前院   クリニック紹介 アクセス
新橋駅前院   クリニック紹介 アクセス
大宮院   クリニック紹介 アクセス
名古屋駅前院  クリニック紹介 アクセス
京都四条烏丸院 クリニック紹介 アクセス
福岡博多院   クリニック紹介 アクセス
東京駅前院   クリニック紹介 アクセス

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任
はじめての方へ/診療の流れ
求人情報
トップへ