ダイエット、体臭、その他の治療薬 | ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みならユナイテッドクリニック

ダイエット治療薬

ユナイテッドクリニック池袋駅前院・上野駅前院ではダイエット治療薬の取り扱いも行っております。日本で唯一承認・販売されている食欲抑制薬「サノレックス」や消化酵素を阻害し脂肪分の吸収を30%カットしてくれる「ゼニカル」の取り扱いをしております。ダイエットの補助に役にたつことと思います。ご気軽にご相談ください。

サノレックス(マジンドール)

食欲中枢に働き食欲を抑え食事の摂食量を抑えることで体重減少を促します。運動療法などと併用するとより効果的です。

サノレックスとは

1992年厚生労働省が承認した初めての食欲抑制剤でノバルティスファーマが製造販売しておりましたが2014年12月から富士フィルムファーマ社が製造販売元となっております。
主成分は「マジンドール」で2015年4月現在でもサノレックスのような食欲抑制剤は他になく世界で唯一の食欲抑制剤です。

サノレックスの適応

保険診療の場合はBMIが35以上(170cmで101kg以上)や高度肥満の方が適応ですが自由診療の場合は特に制限はありません医師の処方によりサノレックスを服用することができます。脂肪吸引など手術療法は怖い、抵抗があるという方には当院に医師が食事療法指導、運動療法指導を無料で行います。食事、運動療法の補助にサノレックスやゼニカルを服用して頂くと効果的にダイエットを行いことができます。

サノレックスの効果

サノレックスは摂食調節中枢に働き摂食抑制、消化吸収抑制及び消費エネルギー促進をもたらし、更に肥満時にみられる代謝変動を改善することにより肥満症を是正するものと思われています。つまりサノレックスは食欲抑制作用、消化管吸収抑制作用、代謝亢進作用がありこれらの作用により体重減少が起こってきます。サノレックス(マジンドール)は75%の方で効果を発揮することが知られています。

サノレックス服用の注意点

サノレックスは昼食30分前に1錠を服用します。1日1錠で効果が出ている場合はそのまま1日1錠で継続治療を行います。最大3か月間の連続服用ができます。1日1錠で効果が弱い方は1日3錠服用することが可能です。服用方法は1日1回、昼食前2錠でもよいですし、朝-昼-夕1-1-1錠で服用されてもかまいません。
サノレックスの主な働きは食欲を抑え、空腹感がなくなり食事の摂取量が減るために体重減少が見られるといった薬剤です。周囲にお菓子などがたくさんあり、ついついつまんでいるという環境下の方には効果がありません。薬に対する正しい認識と適切なダイエットの両方があって減量が成功します。
サノレックスは依存性があるため服用期間は連続最大3か月間までとなっていますが、しばらくの休薬の後また服用することは可能です。

サノレックスの副作用

主な副作用が口渇感、便秘、悪心・嘔吐、睡眠障害、胃部不快感となっております。症例報告で重篤な副作用の報告はありません。
口渇感と便秘は実際の診療で時々みかけます。口渇感が症例報告通りに多い印象ですが水分を補って頂ければ問題ありませんし、摂食量が減るので便秘になります。便秘は緩下剤などを服用してください。

サノレックスの禁忌

  • サノレックス(マジンドール)に対し過敏症の既往歴のある方
  • 緑内障の患者(眼圧上昇のおそれがあるため)
  • 重症の心障害のある患者(症状が悪化する恐れがある)
  • 重症の膵障害のある患者(インスリン分泌抑制作用を有する)
  • 重症の肝、腎障害のある患者(代謝、排泄が遅延する恐れがある)
  • 重症高血圧の患者(カテコラミンの昇圧作用を増強する)
  • 脳血管障害のある方(症状が悪化するおそれがある)
  • 不安・抑うつ・以上興奮状態の患者及び統合失調症の精神障害のある患者(症状が悪化する恐れがある)
  • 薬物・アルコール乱用歴がある患者(このような患者では一般に依存性、乱用が起こりやすいと考えられる)。
  • MAO阻害薬投与中または投与中止後2週間以内の患者
  • 妊婦、又は妊娠している可能性のある婦人
  • 小児

▲このページのTOPへ戻る

ゼニカル(オルリファスト)

食事をした際に脂肪の吸収を助ける酵素リパーゼの働きを抑制し、摂取した30%の脂肪分を分解せずそのまま体外へ排出させます。ゼニカル自体も脂肪分と一緒に体外に排出されるため体内への蓄積はありません。

ゼニカルとは

FDA(アメリカ食品医薬品局)が認可している肥満治療薬でゼニカルは現在20か国ほどで認可されており世界で4000万人以上の服用実績がある薬剤です。
主成分のオルリスタットが消化酵素のリパーゼを阻害し腸管での脂質の吸収を30%阻害し体重減少を促します。海外ではグラクソ・スミスクライン社から同様の製剤が販売されています。

ゼニカルの適応

ユナイテッドクリニック池袋駅前院・上野駅前院では医師の問診の後にゼニカル(オルリスタット)を処方することができます。脂肪吸引など手術療法は怖い、抵抗があるという方、食べ過ぎた時に服用したい場合には当院で医師が食事療法指導、運動療法指導を無料で行います。食事、運動療法の補助にサノレックスやゼニカルを服用して頂くと効果的にダイエットを行うことができます。

ゼニカルの効果

消化酵素のひとつであるリパーゼを阻害し脂質の腸管から吸収を30%ほど抑制します。リパーゼは特に膵臓から分泌される消化酵素で中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。1年間の服用で5%の体重減少が60%の方に、10%の体重減少が27%であったと言われています。色々と論文が出ていますが7㎏ぐらいは体重減少が見られるようです。サノレックスとは作用機序が違うため併用することができます。食事、運動療法と組み合わせて頂くとより効果的にダイエットすることができます。

ゼニカルの服用の注意点

1日3回食前、もしくは食事と一緒に服用します。ゼニカルは少し大きめな青いカプセルの薬剤です。ゼニカルは腸管からの脂質の吸収を抑える薬剤ですので脂溶性ビタミンの吸収も抑制してしまいます。長期服用をする場合にはマルチビタミン等の摂取を心掛けてください。

ゼニカル(オルリスタット)副作用

薬剤の効果でもありますが服用開始後2~3日より消化管での脂質の吸収を抑えるため便中に脂質が増え脂肪便、軟便~下痢になる方が多くみられます。最初は戸惑うことがありますが飲みなれるとうまく対応できるようになります。

▲このページのTOPへ戻る

パースピレックス(制汗剤・体臭剤 汗、臭いなど)

パースピレックスとは

ヨーロッパを中心に製造販売されている制汗剤、消臭剤で日本では未承認ですが医薬品となり医師の処方が必要な薬剤です。
ユナイテッドクリニック池袋駅前院・上野駅前院では「ロールオンタイプ」を取り扱っております。「ローションタイプ」も発売されていますが手足用で脇に塗布することができません。
パースピレックスの有効成分が皮膚上層のケラチンと反応することで角栓形成し汗腺を塞ぎ発汗を抑えるようになります。角栓形成された汗腺は汗の生成・分泌を行わないようになり効果が持続する限り効果が持続します。
無臭タイプですので男性には使いやすい制汗剤です。また衣服への色移りもありません。

パースピレックスの適応症

多汗症(わき、手足)、軽度のわきがに効果を発現します。汗腺を塞ぐため多汗症の方に効果を示します。また発汗低下による腋臭の低下にも効果を発現します。「ロールオンタイプ」は基本腋下用ですが全身の塗布は可能です。

パースピレックスの効果

一度の使用で汗の65%を抑制する効果が72時間以上持続することが実証されています。

パースピレックス外用の注意点

汗腺の活動が鈍くなる夜に患部に1回塗布してください。水に反応するため患部が乾燥した状態で使用してください。開始当初は1週間程度連続で患部に塗布し安定してからは2~3日に1回患部に塗布してください。1本で約2~3か月分になります。塗り直しや、多量の塗布は必要ありません。その後は3~5日間効果が持続します。(個人差があります。)塗布した翌朝は患部を洗い流すようにしてください。

パースピレックス外用の副作用

パースピレックスは刺激が少ないことで知られていますが時に刺激によりひりひりする場合があります。同タイプの他社製品より効果持続が長いことと成分の一つである乳酸アルミニウムが刺激を軽減させるのでパースピレックスは他社製品よりも人気がある製剤です。
皮膚の刺激を抑制する方法に関しては特許を取得しているそうです。
ただし皮膚に傷や疾患がある場合は使用をお控えください。かぶれ等が出たときは使用を中断し皮膚科医にご相談ください。脱毛の48時間以内は使用をお控えください。

▲このページのTOPへ戻る

男性更年期障害 DHEA(医療用ホルモン補充剤)

DHEAとは

DHEAとはDehydroepiandrosterone(デヒドロエピアンドロステロン)の略称です。主に副腎皮質や生殖腺で産生されるテストステロンやエストロゲンの前駆物質で、いわば「ホルモンの原料」です。

DHEAは思春期になるとその分泌量が急激に高まって20代後半で分泌量はピークを迎えます。しかし40代になるとDHEAの分泌量が50%、60代になると30%にまで減少し、80代になるころにはほとんど分泌されなくなってしまいます。

DHEAが減少すると意欲の低下や精力減退、免疫力の低下、筋力の衰えや代謝の低下による肥満といった症状が出やすくなってしまいます。DHEAを補うことでこれらの症状改善が期待できます。DHEAは性ホルモンに関係しているため、不妊治療にも用いられています。

またDHEAの減少は人間の老化に関係しているともいわれています。海外では「若返りホルモン」などと呼ばれ、FDA(米国食品医薬品局)も更年期障害に対してDHEAの服用を勧めたため、アメリカでは一大ブームとなりました。

現在でも数多くの方が服用していますが、大きな副作用の報告もなく安全性の高いものとなっています。女性の不妊治療にも用いられており、妊婦や授乳中でなければ女性が服用しても問題ありません。

DHEAの効能・効果

ED症状の改善

DHEAの服用はED(勃起不全)の改善に有効であったとされています。24週間の摂取で勃起機能や性欲、性行為の満足感が改善したという米国での報告があり、ED治療薬であるバイアグラ(シルデナフィル)・レビトラ(バルデナフィル)・シアリス(タダラフィル)と併用することで高い相乗効果が期待できます。米国ではDHEAを長期服用している方の多くがEDなどの性的機能の維持や回復を目的としていることがわかっています。

DHEAには精子の形成を促す作用もあるため、精液の原料である亜鉛と併用することで性欲を高めることができますし、亜鉛に加えてビタミンBも同時に摂取するとテストステロン値を維持する作用が強まります。

更年期障害に伴う意欲低下やうつ症状の改善

女性の更年期障害は有名ですが、男性にも更年期障害が起こります。男性更年期障害は加齢性腺機能低下症、別名LOH症候群 (late-onset hypogonadism)と呼ばれ近年注目を集めています。

男性ホルモンのテストステロンは精子形成や性欲を司ったり、筋肉や骨格の形成など男性の特徴を表すような働きをしています。加齢によりテストステロンが減少すると性欲が落ちて朝立ちの回数が減少し、ED(勃起不全)や早漏・遅漏といった症状が目立つようになり性的な機能が低下します。またストレスなどによりコルチゾールが過剰に分泌されると、精神的症状として意欲の減退、うつ症状や不眠といった症状が現れます。体力的には筋力の衰えや体のだるさ、ほてりといった諸症状が起こります。

DHEAはテストステロンなどの性ホルモンを増加させコルチゾールを抑制することで、男性更年期障害のほてりや意欲減退やうつ症状などの精神症状に対して効果を発揮します。また補中益気湯などの漢方製剤も血清テストステロン値を上昇させコルチゾールを低下させるため、男性更年期障害(LOH症候群)には有効との報告がありますので、DHEAと漢方製剤の併用は効果的です。

不妊治療に対する効果

加齢により性ホルモンのバランスが崩れると、精子や卵子の老化を招いたり精子や卵子が十分に成長しなかったりすることがわかっています。

DHEAにはテストステロンやエストロゲンといった性ホルモンの分泌を促す作用があるため、精巣や卵巣の機能を回復させる効果が期待できます。DHEA服用により精子や卵子を若返らせ、成長を促すことで不妊治療に有効である可能性があります。

ただし不妊の原因が性ホルモンのバランスの乱れではない場合にはDHEAを服用しても効果がありません。

基礎代謝の改善

DHEAには、脂肪を分解し筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げる作用があります。これはコルチゾールの働きを弱めることで生じる作用です。基礎代謝が上がることで、ダイエット効果が期待できます。

DHEAの飲み方・服用方法

1日1錠(25mg)を朝食後に服用してください。40歳以上の方はDHEAの分泌量が低下している場合が多く、特にDHEAの効果が期待できます。

DHEAの副作用・その他注意点

副作用として報告されているものは倦怠感、脂性肌、不眠、興奮などですが、これらの副作用が生じる確率は100~300分の1程度ですので過剰な心配は不要です。特に不眠の副作用は朝に服用することで防ぐことが可能です。

DHEAを夜に摂取した場合、副腎皮質の活動性を高めて不眠を起こすことがありますので注意が必要です。

小児や妊婦、授乳中の女性は服用できません。

DHEAの服用が他のホルモンの分泌に影響を及ぼす、といったことはありませんのでご安心ください。

IOC(国際オリンピック委員会)はDHEAを筋肉増強剤としてドーピング薬物に指定しています。スポーツ選手が服用する場合には注意が必要です。

DHEA摂取とがんのリスクについて

ホルモン注射は前立腺がんや乳がんなどのホルモン感受性のがんのリスクを高める危険性があるため、DHEAの摂取でもホルモン注射と同様にこれらのがんのリスクが高まる可能性が一部で指摘されていますが、大規模な調査においてもDHEA摂取によりホルモン感受性のがんの発生率が高まったという報告はございません。また、栄養学の専門家の多くもDHEA摂取によるがんのリスク増加について否定的です。

DHEAはホルモンそのものではなくホルモンの前駆物質、いわばホルモンの原料ですので、ホルモン注射のように無理やり体外からホルモンを補充するものではありません。体内で分泌するホルモンと体外から取り入れるホルモンとでは危険性がまったく異なりますので、過剰な心配は不要です。

▲このページのTOPへ戻る

Medical Doctor’s Select Supplement

ユナイテッドクリニックでは、男性の悩み解消・健康維持のために、世界的サプリメントメーカーと共同でサプリメントの開発・販売も行っております。皆様の健康増進にお役立てください。

亜鉛

亜鉛は微量元素、ミネラルのひとつで主に毛髪の生成、精子形成、ホルモンの生成・分泌、細胞分裂、味覚の維持、免疫などの働きをしています。
亜鉛は前立腺にも多く存在しており精液の原料として有名です。
また髪の毛の主要構成成分のケラチンの合成に必須の成分です。亜鉛は毛母細胞を活性化させ発毛を促進させます。またプロペシアはAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を5-α還元酵素を阻害して抑制させますが、同様に亜鉛が5-α還元酵素の生成を阻害するものとしてよく知られております。そのためED治療、AGA治療に必須の成分と言われており、男性には必要不可欠かつ有効な微量元素、ミネラルです。

マカ

マカはアンデス高地に植生するアブラナ科の植物で必須アミノ酸やミネラル、ビタミンを多く含み、きわめて優れた栄養値を示します。ユナイテッドクリニック各院ではマカの含有量が95%以上と市販のものより高含有のマカをご用意しました。マカのアルギニンが生殖機能を高め亜鉛とアルギニンで精液を増やします。アスパラギンが疲労回復、精力減退を回復する働きを有しています。古くからマカの精力増強作用は広く知られており、マカは精液の生成と精力減退の改善を促し生殖機能を高めてくれる作用を有しています。

リジン

リジンは人間が体内で生成できない必須アミノ酸の1つです。美容や骨粗しょう症、疲労回復や単純ヘルペスの予防効果などが知られていました。
リジンが近年注目を浴びているAGAへの効果ですがリジンによる発毛に関係するたんぱく質の生成が知られ、イギリスの会社が男女の様々なAGA・薄毛・抜け毛の治療にリジンの摂取が非常に効果的であることを証明し、米国でも特許を取得しています。リジンの摂取で発毛、育毛することが科学的に証明されています。またAGA治療薬の効果を増強させることが証明されており、フィナステリドなど5α還元酵素の効果増強もありますが、特にミノキシジルタブレットやロゲイン、ミノキシジルローションなどミノキシジル製剤の効果を増強させることが知られています。医学的にはまだデータの蓄積が多くありませんが、リジン自体は必須アミノ酸ですので副作用もありません。ユナイテッドクリニック池袋駅前院・上野駅前院では患者さまからご要望が複数寄せられたため取り扱うことにしました。

ビタミンB

育毛やAGA、薄毛治療をされている方には亜鉛やビオチン、ビタミンB群等は必須のビタミンと言われています。ビオチンは髪の毛や皮膚の健康維持作用、血流改善作用、頭皮の血流を改善すると言われています。またリボフラビン(ビタミンB2)は皮膚や髪、爪などの細胞の再生のかかわるとされています。ピリドキシン(ビタミンB6)は健康な皮膚や髪の毛、歯を健康にし、成長を促進する作用があります。これらビタミンB群は髪の毛の生成や発育にかかわっており、育毛やAGA(エージーエー)予防、薄毛予防をされている方には積極的に摂取すべき栄養素だと思われます。ユナイテッドクリニック池袋駅前院・上野駅前院ではビオチンを多く含み、またビタミンB群の含有量が市販のものより~20倍の含有させたビタミンBを取り扱っております。

ビタミンC

「AGA」、「アンチエイジング」、「抗酸化」、「動脈硬化予防」が気になる方にお勧めしています。
ビタミンCは体内で重要な抗酸化物質として働くことと、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンです。抗酸化作用によって動脈硬化を抑える働きや喫煙等で生じた活性酸素の解毒作用、体の老化につながる酸化を抑える「アンチエイジング」効果が知られています。また腸からの鉄の吸収を改善させ貧血の改善させる作用、コラーゲンの合成を助ける作用などがあります。コラーゲンは免疫力の増強効果や髪の毛やしみやしわへなど皮膚への効果が知られており「アンチエイジング」効果や動脈硬化改善による器質性ED改善補助、AGA治療への補助効果が見込めます。AGAの治療サポートしてくれることでしょう。

▲このページのTOPへ戻る

グルコマンナン

グルコマンナンはこんにゃくの主成分で水溶性食物繊維です。
内服後、胃内で膨張し満腹感を促すことでダイエット効果をもたらします。
また、便を柔らかくする作用により便通がよくなるので便秘や宿便にも効果的です。
それ以外にも糖の吸収を抑える働きがあるため、糖尿病を予防する効果があるといわれています。
1回2粒を食前に240ml以上の水分と一緒に飲んでください。
ただし大量に摂取すると腸が詰まって腸閉塞を起こすことがありますので過剰な摂取は控えましょう。
また、十分な水分と一緒に摂取しないと喉を詰まらせる可能性がありますので、就寝前の摂取は控えてください。
ユナイテッドクリニック各院では1粒あたり500mgと高含有のグルコマンナンサプリを取り扱っております。

▲このページのTOPへ戻る

診療メニュー一覧

はじめての方へ

池袋駅前院

新宿駅前院

渋谷駅前院

上野駅前院

新橋駅前院

大宮駅前院

横浜駅前院

福岡博多院

ミネラルクレイ