シアリスジェネリック | ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みならユナイテッドクリニック

シアリスジェネリック

ED治療薬の中でも人気のシアリスですが、日本製のシアリスジェネリックが日本でも2018~2019年にかけて認可・販売されるのではないかと噂されております。シアリスは日本イーライリリー社と日本新薬が製造・販売するED治療薬です。主成分は「タダラフィル」。海外ではすでにシアリスジェネリックが多く販売されています。

シアリスジェネリック販売時にはもちろんユナイテッドクリニックでもシアリスジェネリック処方を行います。またシアリスジェネリックはシアリスと比較しても効果、副作用が同等です。シアリスジェネリックの処方は安全性があり安心して服用できるのでクリニック(病院)での処方をおすすめいたします。

シアリスジェネリックはシアリスと違い、開発コストが安いため、販売の価格(値段)もシアリスより安くなります。購入コストが安いのは皆様にとってもいいことですね。口コミで人気のユナイテッドクリニック各院ではEDでお悩みの方に国産のED薬等を最安値(最安)で即日、処方箋不要で処方いたします。

日本で近日販売される予定の国内シアリスジェネリック正規品、海外ですでに販売されているシアリスジェネリック正規品は以下のようなものです。

シアリスとは

シアリス処方

シアリス

シアリスは世界3番目に販売されたED治療薬で、バイアグラやレビトラとは違う長時間作用をコンセプトにした薬です。シアリスは5mg錠、10mg錠、20mg錠の3種類があり、その効果は20mgでおよそ36時間持続し、欧米諸国では「ウィークエンドピル」の名前で親しまれています。
シアリスが国際的に誕生したのは2002年10月で、発売以来、世界100ヵ国以上で1,000万人以上の患者さんに使用されています。2013年8月にはED治療薬(PDE5阻害薬)としての全世界シェアが42%となり世界市場で堂々の第一位となったことが発表されており、ED治療において世界的に評価・評判の高いED治療薬です。ユナイテッドクリニックでもバイアグラジェネリックとシアリスは人気があり、評判のED薬です。

*ユナイテッドクリニックではシアリスによるED治療を推奨しています。

シアリスの特許権

シアリスの特許期間が後どのくらい残っているかは推察になりますが、2002年に販売開始されているのでそこから単純に20年つまり2022年まで特許がある・・・というわけではありません。
なぜなら通常「成分特許」は臨床試験(治験)の前に出すためです。その後の治験・審査・販売までに4~9年ほどかかることと言われているので、販売してから残りの11年~16年が特許期間となります。
このことから逆算すると、シアリスの特許期間は2018年ごろまであると推測できます。
しかし、新薬の開発・審査には安全性の確保などのため相当な時間を割かなくてはならない状況を配慮して、国は、製薬会社が申請すれば、「特許発明の実施をすることができない期間」として5年を上限に特許の延長を認めています。つまり、シアリスは最長で2023年ごろまで特許が認められ、日本国内でのジェネリックの販売はそれ以降になる可能性があります。

実際にユナイテッドクリニックが法律の専門家に依頼し、調査したシアリスの特許の状況ですが、アメリカでは国際出願日から20年後の2020年まで特許権の保護を受けると思われます。しかし特許権などの権利は複雑に絡み合っており、シアリスジェネリックの製造が可能になるような特許権の満了が近づいているのかもしれません。

国産シアリスジェネリックはどのようになるのか?

2018~2019年に販売が噂されている国産シアリスジェネリックはどのような名前になるのでしょうか?国内で販売されるシアリスジェネリックは「タダラフィル」+mg数+「会社名」になると予想されます。シアリスジェネリックを販売するメーカーとしてはバイアグラジェネリックを販売した東和薬品、キッセイ薬品やファイザー社などのシアリスジェネリックの販売が予想され、主に東京や大阪など都市部を中心に流通するようになるでしょう。シアリスジェネリックの用量は5mg錠、10mg錠、20mg錠になると思われますが、シアリスジェネリック5mg錠はあまり需要がないため、販売されないかもしれません。

『タダラフィル20mgOD「トーワ」』などのように国内シアリスジェネリックは成分名に用量に会社名といった名前になります。

シアリスジェネリックの効果や副作用はシアリスと比較し、違いはありません。

先発医薬品は特許権が認められています。

医療用医薬品には、同成分・同効果であっても、値段が高い薬とあとから出た安い薬がある事はご存知だと思います。
価格が高い方は、「先発品(新薬)」といって、メーカーなどが長い歳月と莫大な経費をかけ、全く新しく研究開発された薬のことです。
一方、安い方は、「ジェネリック医薬品(後発品)」といって先発品と同じ成分を、同じ量だけ含有する、品質的にも同等の医薬品として認められ、製造販売されるもので、開発経費が少なくてすむ分、先発品に比べて安く提供されています。
もちろん、莫大な費用をかけて作った先発品をすぐに後発品として他のメーカーに真似されてしまっては、利益どころか研究費用の回収も出来ない事態に陥るので先発品を作ろうと思うメーカーが居なくなってしまい、医薬品の分野が停滞を起こしてしまいます。
そういった事態にならないためにも、世界的に医薬品に関して開発したメーカーの特許が認められています。
医薬品の特許には、新しい化学構造の物質が医薬品に使用できることを発見した際に与えられる「物質特許」、既存の医薬品の新しい製造方法を発見した際に与えられる「製法特許」、錠剤からカプセル剤など既存の医薬品を新しい製剤によって処方すると有効であることを発見した際に与えられる「製剤特許」、既存医薬品の新しい効能や効果を発見した際に与えられる「用途特許」の4種類が存在します。
このうちの「物質特許」が切れれば、ジェネリック医薬品を作ることが出来ますが、「製法特許」や「製剤特許」が切れていないと同じ添加物を加えたり、同じ製法で製造したりすることは出来ません。

シアリスジェネリックはシアリスと生物学的同等でないと認可されません。

新薬とジェネリック医薬品を比べてジェネリックは効果が無いという方もいらっしゃいますが、国の「生物学的同等試験」において生物学的に同等と認められたもの(注1)がジェネリック医薬品と名乗ることが許されます。またこれは世界共通の基準です。

そのためシアリスジェネリックなど世界中の正規のジェネリック医薬品は、世界共通の基準で認可されたものでシアリスとまったく同等の効果、副作用、安全性を担保されたものと言えます。このことより「シアリスは効いたがシアリスジェネリックが効かないということは理論上はありえない」といえます。

(注1)生物的に同等とは・・・
例えば、経口剤(錠剤や散剤など)は、服用後、崩壊→溶出→吸収→分布→代謝→排泄という過程をたどります。
有効成分が同じ医薬品(先発品とジェネリック医薬品)間の場合、生物学的に同等であるとは、「体循環血中に入る薬物の速度と量」が同等である、つまり、吸収される「薬物量と薬物濃度が同等である」ことを示しているのです。
従って、薬物量としてのAUC(薬物血中濃度-時間下曲線面積)と薬物濃度としてのCmax(最高血中濃度)が同等である場合、両製剤は「生物学的に同等である」とされており、製薬会社は承認申請資料においてそのデータを厚生労働省に提出し、それが生物学的に同等であると認められた医薬品が販売されているのです。

シアリスジェネリックの効果

シアリスジェネリックはシアリスと同じタダラフィルを成分としているため、その効果はシアリスと同じです。従来のED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)・レビトラ(バルデナフィル)では効果継続時間が4~6時間で、食事の影響を受けやすいので服用のタイミングに気を使ったり、効果継続時間を心配したりする人が多くみられました。シアリスジェネリックは投与後、10mg錠で20~24時間、20mg錠で30~36時間にわたり性的刺激に応じてのみ勃起機能を改善する効果が認められており、シアリスのジェネリックも同様の効果を得ることが出来ます。マイルドな作用で自然な勃起を促すED薬です。

シアリスジェネリックの服用・飲み方

シアリスジェネリックの飲み方・服用方法はシアリスと何ら変わりがありません。いつでも服用することが出来ます。服用1~2時間で効き始め、マイルドな効果が持続します。食事・アルコールの影響もシアリスと違いはなく、最も影響が少ないED薬です。またシアリス・シアリスジェネリック5mg錠は効果が弱いため、通常処方することは殆どありません。

シアリスジェネリックの副作用

シアリスジェネリックもシアリスと同じ副作用が起きます。シアリスの添付文書によると、

国内データ:承認時までに、国内用量反応試験において本剤5mg〜20mg群に割り付けられた総症例257例中70例(27.2%)に副作用が認められた。主な副作用は頭痛29例(11.3%)、潮紅13例(5.1%)、ほてり9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)等であった。
外国データ:外国で実施されたプラセボ対照二重盲検並行群間比較試験(13試験)において、本剤2.5mg〜20mg群に割り付けられた総症例2047例中599例(29.3%)に副作用が認められた。主な副作用は頭痛258例(12.6%)、消化不良139例(6.8%)、背部痛63例(3.1%)、筋痛57例(2.8%)、潮紅51例(2.5%)、鼻閉35例(1.7%)、四肢痛34例(1.7%)等であった。“

以上がシアリスジェネリックの主な副作用です。シアリスジェネリックは頭痛などの副作用もシアリスと同程度になります。

シアリスジェネリックが効かない?

シアリスジェネリックで効かない場合は以下のこと等が考えられます。

・服用したタイミング
・食事・アルコールの影響
・ED薬を服用して間もない場合
・EDの程度が強い

シアリスは効果発現までに時間がかかります。また個人差が出やすく、効果発現までに時間のかかる方がいますので、少し早めに服用してみましょう。またシアリス、シアリスジェネリックは800Kcal以上の食事摂取で効果が減弱します。食事・アルコールの影響が最も少ないシアリス・シアリスジェネリックでも食べ過ぎ、飲みすぎには注意が必要です。ED薬を服用することが初めての方などは緊張や不安でED薬の服用し始めはきちんと薬効が見られない場合があります。(服用4回目までは効果が見られる方の割合が増えていきます。)5~6回服用し効果判定しましょう。EDの程度が強い場合、シアリスジェネリックでは効果が見られない可能性があります。医師と相談し、バイアグラジェネリック等への切り替えや対応を検討しましょう。

アドシルカ・ザルティアはシアリスジェネリック?

ザルティア

「アドシルカ」と「ザルティア」という薬剤があります。前者は「肺動脈性高血圧症」(肺高血圧症)の薬、後者は「前立腺肥大症」の薬として認可されているのですが、シアリス、シアリスジェネリックと同じ主成分タダラフィルを使用しているため、シアリスのジェネリックと混同される方がいらっしゃいます。これらは成分は同じですが用量が違い、適応症が違います。またタダラフィルは各疾患により作用機序が違います。PDE-5を阻害しますが各部位により、効能・効果が変わります。アドシルカ・ザルティアの有効成分はタダラフィルですので副作用はすべてシアリス・シアリスジェネリックと同様の副作用です。またアミオダロンなどの併用は禁忌となります。

添付文書上、ED治療薬シアリス、シアリスジェネリックはタダラフィルとして通常5mg、10mg、20mgを服用します。アドシルカはおもに肺動脈性肺高血圧症の治療薬として認可された薬であり、ED治療薬として処方されることはありません。また、アドシルカはシアリスと異なり、タダラフィルとして通常40mgを1日1回(20mg錠を1日1回)となっています。同じようにザルティアは前立腺肥大治療の薬であり、また用量もタダラフィルとして通常5mgであるため一般的なED治療目的に使用するには適していません。
タダラフィルの薬価はシアリスのみ自由診療のためありません。シアリスと異なり、アドシルカ・ザルティアは保険診療なのでED治療目的で特にザルティア入手しようとする方もいらっしゃいます。そのため販売メーカーである日本新薬や日本泌尿器科学会からザルティアをED治療に処方しないよう各医療機関に通達が行われています。医療費がザルティアの処方には超音波などの検査により前立腺肥大症と診断されるのが必須となっており、きちんと前立腺肥大と診断されないとザルティアを処方することはできず、保険診療ではED治療目的で処方・服用するのは困難な仕組みになっています。

ザルティアのED治療への転用は前立腺肥大症で治療が必要な方に悪影響を及ぼしますのでお控えください。またシアリスジェネリックが販売されればそのようなことも不要になります。

タダラフィルには100mg錠の製剤は存在していません。すべて偽物ですのでご注意ください。

海外シアリスジェネリックとは

日本ではバイアグラジェネリック(シルデナフィル)だけがED治療薬のジェネリックとして流通していますが、ED薬のジェネリックは世界中で様々な理由により販売されています。ファイザー社が販売するバイアグラのジェネリックは以前からマイラン社が販売していましたが、これはファイザー社とマイラン社が後発医薬品事業で提携しているためでした。またレビトラジェネリックの「スタキシン」はレビトラを販売している米バイエル社がアメリカでバイエル社自身が販売していました。

シアリスジェネリックがシアリスの特許期間が切れていないのに販売されている理由ですが、別に違法なことをしているわけではなく、実は一部の国では薬剤に関する特許を認めていないという過去がありました。今では法改正され薬剤に関する特許を認めるようになりましたが、常識的なライセンス料を企業に支払うことによって今もジェネリックの製造・販売が認められています。バイアグラの先発医薬品メーカーであるファイザー社もシアリスジェネリック「タダリフト」を販売しております。

シアリスジェネッリクもそういった外国で作られています。シアリスと同成分のタダラフィルですので日本ではシアリスジェネリックとして扱われていますが、海外では正規品として扱われています。インドのシアリスジェネリックも多くありますがこれらは偽物でない限りインド政府に認可された正規品のシアリスジェネリックです。

シアリスジェネリックの種類

海外で販売されているシアリスジェネリックにはいくつかの種類があります。海外シアリスジェネリック一覧を紹介いたします。通販サイトなどではシアリスジェネリックをランキングしていたりもします。

タダリフト

タダリフト

タダリフトはバイアグラの製造会社であるファイザー製薬から販売されている薬剤になります。ファイザー製薬は言わずと知れた大手の製薬会社で2013年には世界の医薬品売上高で一位にも輝きました。そんなファイザーがシアリスのジェネリック医薬品を販売しているので、驚かれる方、また購入したい方が多くいらっしゃいますが、日本国内では流通していません。ファイザー製薬への信頼度からか、シアリスのジェネリック医薬品の中でも人気が高いシアリスジェネリックです。

フォーゼスト

フォーゼスト

フォーゼストはランバクシーによって作られた薬です。元々は1937年に日本の「塩野義製薬」の代理店として事業が開始され、1961年に製薬会社となり、世界7カ国に工場を持ち125カ国以上が取引先となり、大手の製薬会社に発展しました。その後、1973年には株式上場し、2008年に日本の「第一三共」によって46億USドルで買収されました。その後2014年にはサン・ファーマに買収されており、現在フォーゼストはサン・ファーマーの製品として販売されています。ランバクシーが販売していたころは青く細長い錠剤でしたが、サン・ファーマー製は錠形を変更、さらに黄色っぽい色に変更されましたが、製品に優劣の差異はありません。第一三共の子会社時代もフォーゼストを販売していましたので、すでに日本製シアリスジェネリックが発売されていたといっても過言ではないでしょう。

メガリス

メガリス

メガリスはマクレオーズファーマが開発した薬です。1986年設立され、医療関係に20年以上の経験を持つ企業です。整形外科、婦人科、呼吸器科、そのほか心血管や糖尿病などの分野における製品のパイプラインを拡大し、同社が扱う多くの医薬品を低価格で提供することを目標として開発・製造を行っており、これを社会的な責任と考えて運営をしている会社です。

タダリスSX

タダリスSXはアジャンタファーマが販売するシアリスジェネリックです。世界25か国以上で販売しており、最先端の工場を世界に5工場ある大手の製薬会社です。シアリスジェネリックのタダリスだけではなく心臓病薬、眼科病薬、呼吸器病薬、皮膚科病薬などの製造・販売をおこなっています。

タダライズ

タダライズは、サンライズレメディ社が開発した薬剤です。サンライズレメディ社は1995年に設立された製薬会社です。同社が製造するED治療薬や女性用の医薬品には、手頃な価格で販売され高い効果を得ていることから世界中に多くの利用者がいます。WHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品を開発し、テクノロジーの発展を目指し運営している会社です。ただし、タダライズはタダラフィルを40mg含有したのものも販売されていますが、ED治療として認められている極量はタダラフィル20mg含有のものまでであり、タダライズ40mgはED治療適応外の用量です。服用される際は、その点に注意しましょう。

その他に口コミで人気のシアリスジェネリックはエキシラー、タダシップ、タダラフィル、タドラ等があります。またシアリスジェネリックには通常のタブレットだけではなく、アプカリスゼリーのようなゼリータイプのシアリスジェネリックもあります。

シアリスジェネリックのネット通販・個人輸入代行には要注意

国産シアリスジェネリックが販売されましたらユナイテッドクリニックでも日本製シアリスジェネリックの取り扱いをいたします。シアリスジェネリック(タダラフィル)を東京で最安値(最安)で処方できるよう努力いたします。

シアリスジェネリックは日本国内では流通していないため、入手するにはネット通販や個人輸入代行、病院を利用するしかありません。多くの通販サイトにシアリスジェネリックの体験・体験談・感想・レビューなどが書いてあり、格安・激安で輸入することが出来ます。シアリスジェネリックの2chも存在しているそうです。しかし、ネットで出回っている医薬品の約6割は偽物と言われています。

偽物は非常に精巧に作られていることがほとんどです。シアリスジェネリックの偽物ですが、本物には存在しないシアリスジェネリック(タダラフィル)50mg錠やシアリスジェネリック(タダラフィル)100mg錠など分かりやすい偽物でない限り、医師でも見分けがつきません。また本物のシアリスジェネリックでは女性用のものは存在していません。

販売店等ではシアリスジェネリックの販売はできません。これは医師の処方が必要だからです。シアリスジェネリックは処方箋薬局でも医師の処方箋が必要です。そのため医師の診察なしでは処方することはできません。

特にタダリフトは、大手の製薬会社、「ファイザー」が出しているシアリスジェネリックなので需要が高く、悪徳御者がそこに目を付けて偽物を取扱い、結果的に数多くの偽物が流通してしまっています。医薬品の入手、処方は必ず医療機関を通して入手しましょう。病院・クリニックなど医療機関では、医師が管轄の厚生局(厚生労働省の出先機関)の承認を得て薬監証明を取得すれば、本物のシアリスジェネリックを処方することができます。

個人輸入代行はあくまで個人の輸入を代行しただけであり、返品や返金の義務が生じません。商品が届かないだけなら金銭のトラブルだけで済みますが、偽物が届きその偽物を服用したことによって重篤な副作用が出たとしても自己責任で解決しなくてはならないのです。

当然、自己責任なので「医薬品副作用被害救済制度」も利用することが出来ず、重篤な副作用が出ても自費で治療しなくてはなりません。また、日本でも名古屋などでシアリスジェネリックの偽物を服用したことで死亡した例もあります。医薬品をネットで入手した場合の服用は十分に注意しましょう。

ED治療、ED治療薬、シアリスジェネリック処方は安心・安全性あるクリニック(病院)での処方(購入・販売)をお勧めいたします。ユナイテッドクリニックは人気(評判)のED薬の種類を多くそろえており、即日、処方箋不要で院内処方しております。薬局に処方箋を持っていく必要がありません。また価格(値段)を安く抑えており、シアリスジェネリックの効果、副作用、飲み方(服用)について説明の後すぐ処方いたします。

診療メニュー一覧

はじめての方へ

池袋駅前院

新宿駅前院

渋谷駅前院

上野駅前院

新橋駅前院

大宮駅前院

横浜駅前院

福岡博多院

ミネラルクレイ