プロペシア | ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みならユナイテッドクリニック

プロペシア

プロペシアはフィナステリドを有効成分とする男性型脱毛症(AGA)治療薬です。
米国メルク社が開発し、日本ではMSD株式会社から2005年12月より発売されています。世界60カ国以上で承認されている薬剤で、日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)でも推奨度Aランクとなっており、現在もっともスタンダードなAGA治療薬です。

服用方法

1日1回1錠を毎日服用してください。食事の影響は受けませんのでご自身の飲みやすいタイミングで服用してください。
開始から3ヵ月程度の連日投与で早い方だと抜け毛が減少し、生え際のうぶ毛が増加するなどの効果が発現しますが、通常は効果が確認できるまで6ヶ月間の連日投与が必要となります。改善の程度には個人差がありますが、1年~3年続ける事で多くの人が抜け毛の進行が止まったと感じるようになります。

AGA(エージーエー)の主な原因物質は男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTはテストステロンが5α-還元酵素によって変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。その結果、退行期の細い毛髪となり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄く、細く、短い毛になってしまうのです。プロペシア(フィナステリド)は、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出たり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できる薬剤です。

副作用

国内での臨床試験の結果、4.0%(安全評価対象276例中11例)に副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められています。主な症状はリビドー(性欲)減退1.1%(3例)、勃起機能不全0.7%(2例)等でした。性欲減退についてはプラセボ(偽薬)服用群とで有意差は認めませんでしたので過剰な心配は必要ありません。 まれに、食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)の症状があらわれる可能性がありますので、異常が認められた場合は投与を中止するなどの処置が必要となります。

フィナステリドやミノキシジルの服用、AGAメディカルドクターズセレクトなどのAGA・薄毛・育毛治療を開始してしばらくすると(治療開始2週間から6週間ごろに多くみられる)、『初期脱毛』と言って普段よりも脱毛症状が進行したような抜け毛がある場合があります。これは、AGA(エージーエー)によって発毛のサイクルに異常があった状態が、薬の効果で正常に戻り、そのため一時的に毛の退行期が重なることによるものです。薬の効果が出ている証拠ですのでご安心下さい。また全員に初期脱毛が起きるわけではありません。

▲このページのTOPへ戻る

診療メニュー一覧

はじめての方へ

池袋駅前院

新宿駅前院

渋谷駅前院

上野駅前院

新橋駅前院

大宮駅前院

横浜駅前院

福岡博多院

ミネラルクレイ