バイアグラ | ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みならユナイテッドクリニック

バイアグラ(一般名:シルデナフィル, sildenafil)

1998年のバイアグラの発売以降、ED治療薬は実績を積み重ね、ビックデータを基に安全な薬剤として市民権を得るようになりました。またED治療薬は現在肺動脈性高血圧症や前立腺肥大症など他疾患の治療にも用いられるようになりました。ユナイテッドクリニック東京(池袋・新宿・渋谷・上野・新橋)・横浜・大宮・福岡博多院では皆様にED治療薬を安心して服用していただけるよう、また皆様のQOL(Quality of Life 生活の質)を改善できるようより心がけていきます。

バイアグラとは

バイアグラの主成分である「シルデナフィル」はもともと心臓の薬として開発されていましたが開発中にED改善効果が判明しED治療薬として研究開発がおこなわれていました。ファイザー株式会社が1998年に初めてED治療薬として「バイアグラ」をアメリカで販売を開始、日本では1999年1月に販売承認され、1999年3月に販売開始となっております。バイアグラは世界最初のED治療薬でPDE-5阻害剤に分類されます。その名前は一般にも広く知られており、バイアグラ=ED治療薬と思われている方も多いのではないでしょうか。日本以外では100mgまでの製剤が発売されていますが日本では50mgまでみとめられております。また2014年には「バイアグラジェネリック」が発売されております。バイアグラが低価格で服用できるようになりました。バイアグラ、バイアグラジェネリックともにシルデナフィルが主成分で効果・副作用も同じです。

バイアグラの効果

  • 通常量は50㎎(日本以外では100㎎まで)
  • 処方実績が累計で世界一
  • 同じ効果で低価格のバイアグラジェネリックが発売されている。
  • 早漏治療薬ダポキセチンと服用のタイミングが同じ。

25㎎製剤と50㎎製剤がありますが通常量は50㎎の製剤を服用します。海外では100㎎まで服用しています。(日本のみ50㎎まで承認されていますが日本以外のすべての国は100㎎まで承認されています。)25㎎製剤は健康状態に問題のある方や65歳以上の方に初期投与することが殆どです。
添付文書上では「性行為の1時間前に服用すること」となっていますが個人差があります。実際は服用後30分から1時間で効果が現れます。バイアグラの効果は3~6時間程度持続します。勃起の効果は性的刺激に反応して起こります。服用したからといって性的な興奮がないと勃起しません。また刺激がなくなれば元に戻ります。初めて服用される方は「効果がある時間は勝手にずっと勃起しているのでは」と思われる方が多いようですがそのようなことはありませんのでご安心ください。ED治療薬には精液を作る作用、性欲増進作用はありませんのでご注意ください。また性感染症(STD)の予防効果もありませんので必要な場合は対策をとるようにしてください。

近年、年間ではシアリスが最も処方されていますが、累計ではバイアグラは最も世界で服用されているED治療薬です。日本以外の国ではバイアグラ100mg錠が主流ですのでバイアグラ100mgとシアリス20mgが世界で多く処方されているED治療薬といえます。バイアグラは多くの処方実績により高い安全性や効果が証明されています。

またバイアグラ(シルデナフィル)は早漏治療薬ダポキセチン(プリリジー等)と服用のタイミングが同じです。そのためED・早漏合併例ではバイアグラとダポキセチンで治療することが多く、この組み合わせがED・早漏治療のスタンダードとなっています。シルデナフィルとダポキセチンの合剤が多く存在しているのはそのためです。

バイアグラの飲み方・服用方法

バイアグラ

ED治療薬はすべて食事の影響を受けます。バイアグラも食事やアルコールの影響を受けやすい薬剤ですので、なるべく空腹で服用するようにしてください。空腹であれば30分程度で効果が見られます。お腹に食物が残っている状態で服用すると薬剤の吸収が悪化したり、遅延したりするため、効果発現が遅延したり、十分な効果が得られません。どうしても食事をする場合には空腹時にバイアグラを服用しバイアグラを体内に吸収させてから食事をすると影響が少なく済みます。やむを得ず食後に服用する場合にはなるべく油ものを控えること、食後2~3時間ほど間をあけてから服用するようにしてください。

また少量のアルコールはリラックス効果により性欲増進作用がありますが、アルコールはEDを引き起こす可能性がありますのでご注意ください。

バイアグラの副作用

  • 顔の火照り感
  • 目の充血
  • 頭痛
  • 動悸
  • 鼻づまり
  • 視野が青色調に見える

上記のようなものが知られておりますが薬の効果がきれると自然と症状は治まりますのでご安心ください。
PDE-5阻害剤の副作用はバイアグラ、レビトラ、シアリスで頻度の違いはありますが、どの薬剤も同様の副症が見られます。バイアグラはレビトラ、シアリスと比べやや副作用の頻度が少し多めです。
もともとバイアグラ等は血管拡張剤ですのでバイアグラの効果が現れると同時に「顔のほてり」、「目の充血」などが多くの方に見られますがこれらは効果発現のサインと思っていただくと良いと思います。「頭痛」、「動悸」も知られています。これらの副作用は飲酒の時の症状をイメージしていただくとわかりやすいでしょう。
また薬の効果が消失するころに「鼻詰まり」、「目の奥の痛み」や光が過敏になり視野や青色調に変化して見えたりすることもあります。頭痛が気になる時は「ロキソニン」等を服用してください。
ご不明な点、ご心配な点は遠慮なく担当医師にご相談ください。

バイアグラを服用してはいけない方

以下に該当される方はバイアグラ錠の服用はできません。

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往がある患者
  • 硝酸薬あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルヒド等)を投与中の患者
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  • 重度の肝障害のある患者
  • 低血圧の患者(血圧90/50mmHg以下)または治療による管理がなされていない高血圧の患者(安静時収縮期血圧170mmHg以上または安静時収縮期100mmHg以上
  • 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある患者
  • 網膜色素変性症患者(網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害をもつ症例が少数認められる。)
  • 塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者

ご本人がED治療薬を服用してはいけないと勘違いしている方も時々いらっしゃいます。服用可能かどうか御不明な点は気軽に医師に御相談ください。

バイアグラと併用してはいけない薬剤

バイアグラと併用すると危険をもたらす薬があります。主に狭心症、心筋梗塞で硝酸剤やニトログリセリン、不整脈でアミオダロンを服用している方、慢性血栓塞栓性高血圧症で治療中の方が問題になります。
服用中の薬剤がある方は必ずお薬手帳など持参して頂き、今服用中の薬剤が分かるようにしてから御来院ください。

バイアグラの通販・個人輸入での偽造品について

通販や個人輸入などや医師の処方ではない他人にもらったバイアグラ等を服用することは危険です。60%が偽造品であることが明らかになっています。これは製薬会社の問題ではなく流通の際に偽造品が混入するためです。偽造品は効果がないだけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。特にシアリスの偽造品は死亡事故報告があります。
きちんとした流通路で正規の薬剤を入手できればいいのですが患者さま個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は困難です。偽造品は近年、非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に困難です。
ユナイテッドクリニック東京(池袋・新宿・渋谷・上野・新橋)・横浜・大宮・福岡博多院ではきちんとした流通路をもつ医療機関で薬剤の処方を受けることをお勧めいたします。

診療メニュー一覧

はじめての方へ

池袋駅前院

新宿駅前院

渋谷駅前院

上野駅前院

新橋駅前院

大宮駅前院

横浜駅前院

福岡博多院

ミネラルクレイ