ザガーロ | ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みならユナイテッドクリニック

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロ(zagallo)はデュタステリド(dutasteride)有効成分とする男性型脱毛症(AGA)治療薬です。用量は0.1mgと0.5mgの2種類あります。2016年6月13日発売予定です。

もともと日本では前立腺肥大症の薬「アボルブ」としてグラクソ・スミスクライン社(GSK)が2009年に厚労省より認可を受け製造・販売していましたが、2015年9月28日、「ザガーロ」の名称でAGA治療薬として厚生労働省から正式承認されました。アボルブとザガーロは名称こそ違いますが成分はいずれもデュタステリドですので中身は同じものです。アボルブは前立腺肥大症治療薬として100カ国以上の国に承認され、既に多くの患者さんが服用して効果をあげている薬剤です。有効成分であるデュタステリドがAGA治療薬として承認を受けるのは韓国に次いで2カ国目になります。2016年6月13日発売予定です。薬価が未定のため、販売料金も未定です(9/28日現在)。

服用方法

1日1回1錠を毎日服用してください。食事の影響は受けませんのでいつ服用しても問題ありませんが、24時間おきの服用が望ましいとされています。ご自身の飲みやすいタイミングで服用してください。

開始から3ヵ月程度の連日投与で早い方だと抜け毛が減少し、生え際のうぶ毛が増加するなどの効果が発現しますが、通常は効果が確認できるまで最低6ヶ月間の連日投与が必要となります。改善の程度には個人差がありますが、1年~3年続ける事で多くの人が抜け毛の進行が止まったと感じるようになります。6ヶ月服用しても効果が見られない場合は医師にご相談ください。

AGA(エージーエー)の主な原因物質は男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTはテストステロンが5α-還元酵素によって変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。その結果、退行期の細い毛髪となり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄く、細く、短い毛になってしまうのです。

ザガーロ(デュタステリド)は、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出たり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できる薬剤です。デュタステリドはプロペシアの主成分であるフィナステリドの作用しないⅠ型5-α還元酵素をも阻害する上、Ⅱ型5-α還元酵素もフィナステリドの約3倍阻害するためフィナステリドよりもDHTをより強力に抑制します。

海外の臨床試験でもデュタステリド(ザガーロ)0.5mgとフィナステリド(プロペシア)1mgの服用者を比較すると、デュタステリド(ザガーロ)を服用していた人の方が発毛効果が約1.6倍あったことがわかっています。また、毛髪が太くなる効果も期待できます。このようにザガーロはプロペシアの主な効果であるAGA進行遅延効果に加え、プロペシアよりも更に積極的な発毛効果が期待できる薬剤です。

副作用

副作用の主なものは日本人120例を含む557例中95例(17.1%)で、勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液減少7例(1.3%)でした。

また日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)・リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)でした。

プロペシア(フィナステリド)の副作用は約4%であることが知られていますのでプロペシアより副作用が多く見られていますが前立腺肥大の薬として副作用は決して多くはありません。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、服用を止めた後も血清中薬物濃度が下がるのが遅いので6ヶ月間は献血を避けてください。またデュタステリドは前立腺がんの腫瘍マーカーPSAの数値を変化させ、その値が正常値の2分の1になってしまう可能性がありますので、健康診断やかかりつけ医を受診する際にはザガーロを服用していることを伝えてください。

禁忌その他

ザガーロの禁忌は以下になります。

本剤の成分及び他の5 α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者・女性(妊婦、産婦、授乳婦等)・小児等・重度の肝機能障害のある患者

また安全性が確立されているのは20歳以上のため、未成年には処方はできません。

ザガーロの適応は男性型脱毛症(AGA)のみですので、円形脱毛症やびまん性脱毛等AGA以外の脱毛症に効果はありません。ご注意ください。

併用禁忌薬はありません。CYP3A4 阻害作用のある抗うつ薬や抗てんかん薬等の薬剤と併用すると血中濃度が上昇する可能性がありますので、併用する場合には注意が必要です。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドに触れてしまうと胎児の生殖器官の正常発育の影響を及ぼす恐れがあります。ザガーロはカプセル化されていますので、そのまま女性が触れても経皮吸収されませんが、閉経前の女性はザガーロのカプセルを開けて直接成分に触れないよう気をつけてください。

デュタステリドの血中濃度が完全にゼロになるには6ヶ月程度かかるため、挙児希望(子作りを希望)で薬剤の影響が心配な方は最低でも1ヶ月以上前からザガーロの服用を中止したほうが無難です。しかしザガーロ服用で胎児の生殖器の発達に影響を及ぼす可能性はゼロではないものの、その可能性は低いです。挙児希望の方は医師とご相談ください。

ザガーロやミノキシジルの服用、AGAメディカルドクターズセレクトなどのAGA・薄毛・育毛治療を開始してしばらくすると(治療開始2週間から6週間ごろに多くみられる)、『初期脱毛』と言って普段よりも脱毛症状が進行したような抜け毛がある場合があります。これは、AGA(エージーエー)によって発毛のサイクルに異常があった状態が、薬の効果で正常に戻り、そのため一時的に毛の退行期が重なることによるものです。薬の効果が出ている証拠ですのでご安心下さい。また全員に初期脱毛が起きるわけではありません。

▲このページのTOPへ戻る

診療メニュー一覧

はじめての方へ

池袋駅前院

新宿駅前院

渋谷駅前院

上野駅前院

新橋駅前院

大宮駅前院

横浜駅前院

福岡博多院

ミネラルクレイ